2014/4/4

Slide Shareに思った通りの見た目でスライドを上げる方法

今日、公開したユレッジの2013年度実施レポートですが、PowerPointで作ってます。グラフとかはExcelで作って貼りつけ、Activity-Based Discussionの挿絵だけIllustratorです。そうそう、Mac版です。それで、これをpptxのファイルで保存しても、pdfに書き出して保存しても、そのままSlide Shareにアップすると思い通りの見た目になりません。特に透明だったりグラデーションかかってる部分が思い通りに行かない。これせっかく公開するなら綺麗に公開したいなあ、と思ってちょっと調べました。

まずPowerPointからpdfに書き出してAcrobatで開きます。そしたら、「その他の形式で保存」から「最適化されたPDF」を選んで、「透明」にチェックを入れて書き出します。このファイルをSlide Shareにアップロードすると、ご覧のように、綺麗にグラデーションや透過が反映されたスライドを、Slide Shareにアップすることができました。

あとすいません、これ文字小さいよって思う人もいるかも知れませんが、A3出力用ファイルです。まあただ、僕が作る書類は、読むところ多くて、ページ数少ない、というのがほとんどです。あんまりプロジェクターでプレゼンとかする機会多くないので。今回のTipsはこれを参考にしました。

Adobe Acrobat XI * 透明の分割・統合(Acrobat Pro)

これで、色々エフェクトかけても(特にグラデーションと透明辺り)、多分思ったとおりにSlide Shareに反映されると思います。当然、テキスト情報も残ったままです。講演したり、発表したりする人が多い方は、参考にしていただくと良いと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram