2014/4/2

味噌の話 – あと少し発酵食品について

味噌って何買っていいかよくわからないじゃないですか。いっぱい種類あるし。旅先で味噌とか見つけても、そもそもそんなにすぐなくならない割に場所とるし。ただこないだ、味噌切れたので、どれにしようかなあとダイエーの売り場をフラフラしていたら、これ見つけました。

フンドーキン 九州そだち麦 1kg
フンドーキン
売り上げランキング: 5,524

これはなかなかインパクトがあるロゴマーク。なんか聞いたことあるようなないような社名と、「九州」と書かれていたことに惹かれまして。九州行くようになって驚いたことの一つが、味噌汁が甘い、ということ。僕それまであんまり料理に砂糖使わなかったんだけど、たまに疲れてる時とか疲れが取れる感じがするし、良いなあと思い。というわけで、九州の味噌にしてみることにしたのですが、こちらしっかり甘い味噌でした。塩っ辛くないので、割と好み。

そういや、僕がこないだ糸島行った時にはちょうど「発酵マルシェ」というイベントが行われておりまして、到着遅かったのであまりワークショップ自体は見れなかったのですが、大盛況でした。発酵食品って言っても色々ですけど、半製品みたいなのも良いですよね。熊本出張行った時、買って帰って来たもろみは卵かけ「ごはん」に混ぜたりしても美味かったですし、こないだ、新橋の駅前にあるせとうち旬彩館というところで買った「ひしお」も風呂吹き大根にのせたりすると美味い。

さて、なんでこんな話をしてるかというと、先だって面白いプロジェクトを紹介していただきまして。fermeeというのですが。

fermee

こちら、「発酵調理をサポートするサービス&プロダクト」ということで、スマート家電で発酵食品をセンシングしながら管理して、美味しく手軽に日本古来の食文化を残していこうという、なかなか面白い取り組みです。プレゼンの動画がFacebookで公開されていましたよ。

ちょうど試作機の開発が始まりました、Facebookページに書いてありましたから、いよいよ年内くらいにはお披露目されるのでしょうか。センサー搭載のスマート家電というと、自家植物工場とかもありますけど、発酵食品は割とリアリティあるのではと思いました。結構、友人で味噌作りとかやってる人いるみたいなんですよね、どうやら。こないだ実家のご近所さんにいただいた手作り味噌も美味かったし。多分、工業化や流通の都合で色々はしょられたりしてるところがあるんでしょうね。

僕もちょっと勉強してみるかなー。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
味覚日乗 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 384,713
おとこ料理讀本
おとこ料理讀本
posted with amazlet at 20.01.22
矢吹申彦
平凡社
売り上げランキング: 691,935
ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖
ツレヅレハナコ
PHP研究所
売り上げランキング: 82,682

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram