2014/2/3

走り出したきっかけバス、応援してます

2月1日から助けあいジャパンのきっかけバスが走り出したそうです。助けあいジャパンの野田さんにはユレッジにも寄稿いただきました。そんな野田さんの昨晩のブログ記事、読みまして。

今、復興に新しい風が必要です。みんなの力、貸して下さい  | Learn by doing

読む限りだと結構ファンディング、苦戦しているみたいです。うちも少額寄附しました。

野田さんのブログに大事なことは全て書いてある気がするんですけど、僕の考えを少々。それは例えばISHINOMAKI 2.0の小泉君とかと話していても思うのだけど、3年を過ぎた東北の復興で何が一番難しいかって言うと、すごくシンプルに言うと、人を連れていくことだろうなあと思います。人を動かすってとても難しい。現地でも、来る人が減った、って話は聞くし。

その上で、きっかけバスの良いところは、若い人を連れて行くということだろうなあと思います。それだけのことだけど、現実的に一番困難なことの処方箋だと思う。よく「何していいかわからない」って話はあると思うんだけど、若い人に行ってもらう、ってのは現実解として正しいと思う。

助けあいジャパンへの寄附はこういうことになっているそうです。

寄付の方法 | きっかけバス | 助けあいジャパン

このボランティア活動は、内閣総理大臣より指定寄付金口座の認定を得ており、寄付への税制優遇があります。個人の方が寄付をしてくださった場合、確定申告を行うことにより、寄付金額の約40%が還付されます。また、企業寄付の場合は、損金扱いとすることが可能です。この指定寄付金の認定は、全国で約8000ある公益法人の中で、わずか6団体にしか認められていない税制優遇制度となっています。

そう言えば、ブログに書いていなかった気がするけど、年末から何となく何かしようということで、とりあえず、地元の方々にビラ配布に協力いただいていて(フードランドスケープさん、ノガンさん、fe.a coffeeさん、333 cafeさん、Tully’s Coffee東戸塚店さん、ありがとうございます)、今日もTully’s Coffeeでちと仕事していたのだがまだ置いてくれていて、東北のことに関しては店長さんが全面的に協力してくれているのだけど(VOICEの配布とか)、こないだもこのビラ目立つのか333 cafeにランチに行ったら、ビラ見た方が高校生は駄目なんですか?って知り合いのお客様に聞かれたという話をしていて。

よく考えたら僕の3年はある意味なんとなくの3年だけど、震災当時の中学生は今、高校生なんですよね。中学生の時は、ちょっと現地に赴かせるのはと思っていたけど、高校生であれば機会があればということのようで、よくよく考えたら当たり前のことかも知れないけど、僕は聞かれるまで気付かなかったことで。なんかやっぱり人って問題を済んだことにしたい生き物で、ただ問題って解決しない限り済んだことにはならないので、野田さんの記事を読んだ感想が「済んでないことを済んだことにしない人は大事」という割と普通のことを思いました。

あと、この話にかぶせるのが適切かどうかわからないのだけれど、たまたまさっきTully’sで仕事中に南相馬市の桜井市長の演説というのが流れていて観たのですが。

福島の首長選挙で地殻変動が起きているという話は聞いていて、でもこの方が話しているところを観るのはこれが初めてだったのだけれど、身に詰まされる経験をした人の言葉ですよね。主義や思想の違いは人間当然あると思うし、万人が与せる話じゃないと思うけど、こういうのは賛否にかかわらず観といたほうが良いし、都知事選イマイチ煮え切らないなと思ってたけど、この話を聴けたのが一番の収穫かも。僕、横浜市民なので、今回の都知事選に誰を応援しますとか考える必要ないと思うんだけど、日頃、縦割りよくないって言ってるのに、選挙の時だけ妙に縦割り思考になってるの良くないと思いました。

ちょっと話それちゃったけど、きっかけバスはまだ始まったばかりで、何か結果の約束をされているわけじゃないけど(僕はそう思ってみている)、でも若い人が全国から東北へ行く、ってのは繰り返しになるけど、今考えられる有効な現実解だと思うし、応援したいです。

あと最後にだけど、「お前、バカじゃない!?」 って言われるのが怖かった、というのが野田さんの記事にあるけど、それはなんか感覚的にわかる気がして、まあでも、そういうおっかなびっくりな気持ちを携えながらやらなければならないことをやる人の方が、圧倒的な正義語られるより人として信用できると思うんですよね。頑張ってください。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円