2014/1/10

フリーランスを続けるために必要なこととは?

これ結構常々考えていたことなのですが、フリーランスを続ける上で何が必要なのかなあとか考えるわけです。でまあ、色々あると思うし、あるはずなんだけど、僕一つ大事だなあと思うことがあります。

問題を自分のせいにする

これが要じゃないかなあと思うんですよね。ちょっとわかりづらいんですけど、問題って自分のところに持って来ないと、自分で問題を解決できないんですよ、基本。誰かが解決してくれれば良いんだけど、フリーランスって一人ってことですよね、基本、という。

問題の在り処って、例えば環境だったり組織だったり条件だったり対象だったりするのかも知れないですけど、問題を他の場所に置いちゃうと自分で解決できないじゃないですか、他の場所にあるから。

特に僕は会社員やったことないので、会社員だったらどうかってのも一般論としてはわかるけど、そもそも比較対象ないので、それと相対的にフリーランス考えたこともあんまりなくて。勿論、福利厚生が、みたいなことはありますよ。けど、それも限りなくゼロベースというか、あっちはそうなんだね、くらいの感じで。

ついこの間までラグビーやってましたけど、ああいうチームスポーツの問題もチームとして解決するのなかなか難しくて。僕はどちらかと言うと、問題を切り出して、僕のところに持って来て、持って来た部分を問題解決できるように努めて戻すって思考法で、チームの問題をチームで解決するって、結構掴みどころないと思うんですよね。皆持って帰って、皆手元でそれぞれ解決して、戻せばチームの問題も解決するんだと思うんですけど。

たまにネットでフリーランスだからどうだ、って話見かけて、ちょっと歯がゆさを感じつつ眺めるんだけど、結局、フリーランスという業態がどうというか、フリーランスはフリーなので、本当はそこにある問題はフリーランスの問題でなくて、加藤康祐の問題だと思うんですよね。そこで、うまくいくこと、いってないこと、それぞれに思いっきり自己肯定と自己否定働かせながら走ってくのがフリーランスだと思うし。そこのバランスは大事ですけど。

まあでも業態みたいなものに、自分の仕事の不安要因や抱える問題ひもづけるより、自分の能力とか対応とか技量に問題ひもづけといた方が、自分で解決できる問題になる。

どうでもいいことまで全部自分の問題として抱え込めって話じゃなくて、大事な問題ほど自分の問題として抱え込んだほうが良いということです。

じゃあ、おまえは人のせいや組織のせいや環境のせいにすることがないのか?と問われれば、「します」。ただ、そういう時はそのプロジェクト大概うまくいかないです。逆に言うと、何かあっても基本的には自分のせいとして処理できている間は、プロジェクトは回せるということです。

別にストイックに働けないと、フリーランスはできません、とか言ってるわけじゃないくて、単純にどういう問題の抱え方が楽か、というだけの話です。それできれば、後は運と実力の問題だと思うし、結構続けられる働き方だと思うんですけどね、フリーランス。

まとめると、自分が問題を抱えることに、臆病にならないこと、でしょうか。問題とリスクは違うのだから。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事