2013/12/30

フードランドスケープのごはんとおやつ/ごはんとおさけ

フードランドスケープさんは、この夏お邪魔したgd Yokohamaでクルージング・パーティに素敵なケイタリングを出していて、ご挨拶させていただいたのですが、先だって久し振りに、今度、店舗を開くので話を聞かせてください(飲食業じゃない僕にって面白いですね)、ということでご連絡いただいたのでした。ちょうど年末、横浜のメンバーと(一人東京の西の方から召喚したけど)飲みましょうということになっていたので、その新店舗、フードランドスケープのごはんとおやつ/ごはんとおさけに出かけてみることにしたのでした。

「産地とつくるお店」ということで野菜中心の前菜を初めとして、レバーペーストや鯖なんかも大変美味しく、料理の単価が比較的安めに設定されているので、色々食べれるし、一人で来てちょこちょこつまむのにも良さそうでした。お酒も面白いものが色々取り揃えられてましたが、まあ僕はビール。ビールもコエドの瑠璃と漆黒が取り揃えられていて良いです。ああ、丁寧な料理だなあ、という感じで大変美味しかった。

お店の人と、最後少しご挨拶させていただいたのですが、なんと彼岸寺の青江さんの「くらやみごはん」をお手伝いされてた方だそうで。彼岸寺ファンとしてはなんつうか、そういうことかあという感じでした。彼岸寺に関しては、ちと古めですが、弓月さんへのインタビューをどうぞ。これ今読んでも良いインタビュー。

松下 弓月 – 「非日常性への回路」 – ET Luv.Lab.

青江さんはそんなにお話したこともないのですが、僕、『お寺ご飯』愛読しております。家にある。

お寺ご飯

お寺ごはん
お寺ごはん

posted with amazlet at 13.12.29
青江 覚峰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 65,205

これとても良い料理本でお薦め。Kindle版だと半額ですね。

「産地とつくる店」ということで、先日の打ち合わせ(というか茶飲み話)でも産地の話ということで、大潟村に始まる震災後の話とか、日本中旅して食べたものの話とかしてたんだけど、関係性の中でものを作る、というのはやはり良いように思います。旅から帰って来て仕入れて来たもので料理するのは、やはり楽しい。そこにきちんとした文脈があるから。

僕は知らなかったのだけど、福島のアンテナショップが下北沢にあるそうで、そこのお手伝いもしているのだとか。そう言えば、福島のお酒あったな、確か。

ふくしまオルガン堂 下北沢

たまたま、先に書いた、YOU BOX The Osusowakeで届いたパテ・ド・カンパーニュが届いた翌日だったので、Hagiの話もし。もっかい引用しとこう。

「お客様がいらっしゃると本当に嬉しくて、今まで以上に一生懸命に料理を作ったんです。そうすると、とても満足気な笑顔に出会えるようになった。あぁ、お客様に生かされていたんだなって痛感しましたね」。大もうけは出来ないけれど、夫婦ふたりならば1日1組でも生きていける。後悔しない完璧なサービスをするために、1組限定の運営へと変えたのだそう。

というわけで、美味しいご飯、いただきながら、ビール飲みながら、年の瀬に仲間と来年の企画のキックオフをして来たのでした。楽しくなる予感。面白くできるといいなあ。色々考えさせられる、良い訪問でした!

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
味覚日乗 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 384,713
おとこ料理讀本
おとこ料理讀本
posted with amazlet at 20.01.22
矢吹申彦
平凡社
売り上げランキング: 691,935
ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖
ツレヅレハナコ
PHP研究所
売り上げランキング: 82,682

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram