2013/12/28

石巻の食材で料理してみた – ジビエではないのだワイルドミート

また軽い嘘ついたのですが、原産地は長野県と記載されていました。ただ、この猪肉、丸信ワイルドミートという会社は、元々、牡鹿半島の鹿肉を加工販売している会社でインタビューを読んだことがあって、記憶にとどめていたら石巻滞在中に訪れた道の駅、上品の郷で販売されていたのを見つけたのでした。

「人のために何かする人」が、1人でもいれば | みちのく仕事

さて、まず大根大量に切って、シメジも入れて、猪肉を並べます。しばらくすると、すごい量の灰汁が出て来て、序盤はこれをひたすら丁寧に取る作業。ほぼ見かけなくなるくらいまで取り続け煮ます。しばらくすると部屋に甘い香りがしてくる。すごいなーと思ってスープを味見したところ、これが抜群に美味い。塩を入れなくても美味い。

これはすごいと思って、猪鍋と言えば味噌なのだろうと思っていたのですが、塩と砂糖のみでいく方針に変更。様子見ながら味をつけて、ここで柚子を入れれば良いのではということに気付き。先日、柚子風呂した時に、皮を削いで、乾燥させたストックがあったのです。

乾燥柚子の皮完成。

最後に水菜刻んで投入して、できあがり。白米と猪鍋という晩ご飯。

猪

これね、すごく美味くてですね。とにかくスープが美味い。よって特に大根がとても美味しくて、柚子の香りもあいまって、いやはやワイルドミートあなどれじ、という感じでした。すごい上品で脂の甘味と旨みが際立つスープ。肉の方は、やはり猪ということで、食べ慣れてない感じで、少し癖もありましたが、噛みごたえあって、それはそれで良かった。ただ今回感動したのは肉じゃなくて、肉からできたスープだな。明日持ち越そうかと思ってたけど、全部平らげてしまった。

そうそう、だから、ジビエ、ってかワイルドミート料理しました。って感じでした。テンション的に。美味いもんだなー、猪。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
味覚日乗 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 384,713
おとこ料理讀本
おとこ料理讀本
posted with amazlet at 20.01.22
矢吹申彦
平凡社
売り上げランキング: 691,935
ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖
ツレヅレハナコ
PHP研究所
売り上げランキング: 82,682

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram