2013/12/18

パラレル・ランニング

というわけで、つまり最近、NPOのお手伝いが2つあるのですが、これ1つじゃなくて良かったなーというのが最近の気付きで、まあ2つ限界だよね、って言うのもあるんだけど、割と2つ走ってることが機能するな、というのを感じていて。

どういうことかと言うと、Aで作ったロジックをBで使えるかとか、Bで貯めたノウハウをAで使えるかとか、考えられるわけですよ。Aにある問題はBでも問題になるかとか、Aで意味があることはBでも意味があるのかとか。そういう風に考える機会があることは、すごい大事なことで。

普段のクライアント・ワークでも、あっちでこういうことやってみてとか、あっちでああいうことが問題になってとか、みたいなことって、業界の最新事例とか知ってることよりよっぽど意味があって(その業界の最新事例はどうあがいたってクライアントの方が明るい)、むしろ、全然違う畑での試みが、クライアントの問題解決に紐づくなと思った時、それはロジックやノウハウにある意味での汎用性とか普遍性が生まれるということで、そういうのって響くし実効性あるし、一人がたくさんのクライアントをそれぞれ全く異業種で広く浅く見てる意味があるし、そういう抽象的なんだけど、必ずしもフレームワークではない、問題の捉え方そのものみたいなことって、横断的に数こなして見えてくるものだったりするんだと思うんですよね。勿論、共有して良いことと、共有してはいけないことの線引きは大事だけど。

その上で、ロジックやノウハウというのは今書いたように、創出することより、転用できた時に価値が出てくるものだと思います。転用するごとに客観性を帯びるのと、汎用的なことと固有なものの切り分けが進むから。

ただ、当然、捌けるタスクの絶対量みたいなものはあるし、全然、汎用的じゃないこともあるし、極めてクローズドなこともあるし、ロジックとかノウハウとか言う前に量をさっさと捌かないといけないこともあるけど、ちょっと古臭い言い方すると、シナジーみたいなもの、ってあると思うんですよね。で、それは今、NPOのこととしてやってるとして、それに近い、例えばうちがやってるユレッジみたいなものとか、クライアント・ワークに持って来れることもあるかも知れないし、当然、うちが抱えてるロジックやノウハウをNPOのお手伝いに持って行ったりということもある。

昔、ダブルメジャーとダブルイシューって記事を書いたけど、プロジェクトが並行で走る、だからパラレル・ランニングってタイトルつけたのだけれども、そういうのも同じことなんだろうなあと思うんですよね。

割と最近、新しいものが僕の中にも育っている感ある。

まあただ、こういうことばかりやってるので、酒飲んでると、「しかし、加藤さん、話し飛びますね」と言われるのはご愛嬌。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram