2013/12/12

2013年、良かった本

今日、全部終わらせようとしている。続いて本ですね。

最近、こちらに頻出する、カナエールを運営するBridge for Smileの林さんの本です。内容もそうだけど、今思うと、意外とプロジェクトで関わる人の自分の話の本って読んだことなかったから、今年読んだ本の中でも特殊かも。

茶太郎豆央の本。去年の後半からコーヒーやり出して、海の向こうではサードウェーブ本を出版てなことで、これすげー面白かったですね。というか、語弊があるかもだけど、これまでで一番良かった、と思った。Kindle版のこちらの表紙がお気に入りです。

希望をつくる仕事 ソーシャルデザイン
ソーシャルデザイン会議実行委員会
宣伝会議
売り上げランキング: 9,311

これも良かったですね。これ読んだ後、僕は一気にユレッジモードに入ったので、これ読むくらいで構想から、じゃあ自分は何できるかの実践に入って、ユレッジ、今に至る、みたいな感じです。

いしのまき浜日和
いしのまき浜日和

posted with amazlet at 13.12.12
一般社団法人ISHINOMAKI2.0
売り上げランキング: 14,782

ISHINOMAKI 2.0本。先日、レビューを書いたばかりですが、今月後半の石巻行きが楽しみです。

輪土〈第3話〉奥会津への旅
前田 義生 瀬上 昌子
スクーデリア/スクーデリアブックス
売り上げランキング: 614,352

今年ファンになったシリーズ。これすげー良くて、伊賀も浜田も奥会津も行ってみたい。

放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学 (幻冬舎新書)
児玉 龍彦
幻冬舎
売り上げランキング: 27,031

僕が眉間にシワ寄せて読み込む読書をしたのは久し振りな気がします。勿論、ユレッジの取材があったから、とも言えるんだけど、本当に読めて良かった。

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)
岡 潔
光文社
売り上げランキング: 8,165

本当に日本語がきれいで良いです。うっとりさせる数学者。なんで今まで読んでなかったのか、という感じ。

けふはここ、あすはどこ、あさつては―C・W・ニコル×山頭火の世界
C・W・ニコル 南 健二
清水弘文堂書房
売り上げランキング: 635,397

清水弘文堂書房の本は今年結構読むことになったけど、一番お薦めはやっぱりこれかな。清水弘文堂書房の本はwakkaでも販売していますので、是非、清水弘文堂書房のwakkaセレクションもチェックして下さい。良い本作っておる。

清水弘文堂書房 – wakka

しかし、小説全然読めてないですね。来年は小説久し振りに読むのも課題かなあ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円