2013/12/5

ユネスコ無形文化遺産に「和食」 – 紅鮭の話

「和食」がユネスコ無形文化遺産制定されたそうですね。めでたい!

「自然の尊重という日本人の精神を体現する社会的慣習」

って、とっても良いフレーズだと思います。

ユネスコ無形文化遺産に「和食」登録決定 国内22件目:朝日新聞デジタル

和食と一口に言っても、料亭のお座敷でいただく懐石もあれば、割烹のカウンターでいただく肴もあるし、地方にいけば風土に見合った郷土料理もあるし、家庭で囲む食卓も勿論だし、全国のコンビニにおでんがあったり、駅で立ち食い蕎麦に駆け込めるのも広義の和食文化かも知れないですよね。

クックパッドがとても良い文章出してました。

What is "Washoku"?

一時期、家庭料理の崩壊が叫ばれて、それはそれこそ、辰巳芳子さんとかも警鐘を鳴らしてきたようなことだけど、翻って、クックパッドが色々な人から集約してデータベース化しているレシピって、和食のアーカイブに他ならないですよね。それはもしかしたら、メールの登場で文章を書く量が圧倒的に増えたように、もしかすると料理を作ることを触発するような社会的な機能があるのかも知れない。

ところで、和食って何さ、と詰めた時に、僕は紅鮭かなあと思うんですよね。まあ梅干しでも沢庵でも切干大根でも良いと思うのですが。ちょうど今日、エスロードのお歳暮の受付が開始されて、それ見ながら思い起こしていたんだけど、体を崩して入院して、何よりまず食べたいと思うのは、白米と美味い紅鮭で、その時、日本人で本当に良かったと思える、って話をうかがったことがありまして。

天然紅鮭姿切り身 ご購入ページ : エスロード株式会社

鮭の切り身、焼いただけ、黒い器に盛りつけて、白米ほうばりながら、皮まで食べる。なんともシンプルで、でもとても美味しい。こういうのに集約されてるものってある気がします。

少し手を加えれば、良い素材を料理として慈しめる。そういう辺りに和食の良さがある気がして、勿論、和食がユネスコ無形文化遺産に認定!ってニュースに並ぶ見目麗しい手の込んだ和食も勿論とても好きですけど、「自然の尊重という日本人の精神を体現する社会的慣習」というところが本質なんだろうなあと思います。昨日、柿にちょっと山椒振って、おかずにしたら美味かったですよ、とか。

話長くなりましたが、エスロードの紅鮭は最高です。友人知人も買ってみたら美味かったって、一度もだまされたって言われてないしw、僕が全国でお世話になった人に贈る品としても鉄板です。たまたま、和食のニュースの日に、紅鮭の仕事してたので、お薦めしてみました。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円