2013/11/23

THETAで5.5畳の360度を撮ってみた

ちょっとサボっていたTHETA遊びですが、一度室内撮影をしてみたいなあとウズウズしておりまして、今日仕事場が片付いたので、やってみました。三脚を細めに立てて、THETAを固定、隣の部屋から無線LAN接続したiPhoneでリモート撮影しました。iPhoneから写真の露出は設定できて、仕上がりもその場でiPhoneから確認できます(なんかすごいよ、やってみると)。

上の写真はApertureに取り込んだレタッチしたもの。左下に映りこんでいるのは三脚のハンドルです。ちなみに、Macに取り込んだ画像のサイズは3584*1792で(画素数何になるのかよくわかんないけど)、ISOは100〜1000の自動設定で、まあWebのビジュアルとか、場合によっては印刷にも使えるんじゃないですかね。この写真もある程度の明るさで三脚とレリーズ使って撮ってるようなもんなんで、夜景とかやるとまた変わってくると思いますが。もう少し実験したいよなあ。あと、さっき思いついたんだけど、これ焼き物の窯の内観記録しようとおもったら最強では(あまりニーズなさそうですがw)。他にもそういうものありそうだよなあ。

今回のやり方で、事前にイベント会場の客席の中央に三脚で設置しておいて、会場の撮影しながら要所要所でiPhoneからシャッター切って、みたいなことができるんじゃないかなあと思うんですよね。面白い写真になるのかどうかは撮ってみないとわかんないけど、あんまり場の雰囲気壊さずにやれるんじゃないかなあとか。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram