2013/11/12

浪花河内屋の葛湯

今日、西武歩いてたら、出店で浪花河内屋さんという葛湯を売っているブースが出てたので試食させてもらいました。「そう言えば、最近、葛湯とか飲んでないんですよー」と言ったら、「飲むんじゃなくて食べるのよ」と言われ。ほむほむと思いながら食べてみたところ、とても美味い。値段も1つ150円ということで、まあ和菓子くらいの値段かと思って、生姜と柚子と蓮根を買って来ました。ちょっとおまけしてもらった。

円盤状の葛を砕いて熱湯を注ぎます。100度の熱湯で良いそう。後はかきまぜると美味しい葛湯ができあがります。奈良の吉野の葛、というわけで、もうそこかしこで見かけるわけですが、ここのは店の人いわく「コク」があって、美味しかった。ネットで調べたら藤沢のお店みたいだけど。

最近、贈答品ネタに困っていたのですが、次の機会はこれ使おう。

吉野葛・蘆刈 (岩波文庫 緑 55-3)
谷崎 潤一郎
岩波書店
売り上げランキング: 48,388
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
味覚日乗 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 384,713
おとこ料理讀本
おとこ料理讀本
posted with amazlet at 20.01.22
矢吹申彦
平凡社
売り上げランキング: 691,935
ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖
ツレヅレハナコ
PHP研究所
売り上げランキング: 82,682

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram