2013/10/30

ET歴0年365日目(グレゴリウス暦的なことが言いたかったらしい)

早いもので、って思わず書きたくなりますが、弊社、株式会社イーティー、2012年11月1日設立、というわけで、明日、2013年10月31日が1年目最終日ということになるのです。あのね、全然早くなかった。長い長い長い1年でした。本当に。

一応、1年目整理すると、受託商売のボリューム自体はここ数年と何ら変わらないです。極めて僕のいつものペースで回している。で、それが常時回りつつ新しいプロジェクトが定常的に入ってくる状態を維持すること自体が、相変わらず一番大変なわけですが、加えて、いわゆるこれまでの受託商売じゃない新しいプロジェクト色々やって、色々な場所を訪れて、色々な新しいチームで仕事しました。

今年一年目を面白かったと言わずして、いつ言うんだくらいの満足感はある。

ただ、何か成し遂げたわけじゃなくて、ただただガンガン回した、というだけなので、ホントこの会社ここからが勝負だと思います。勝負って言っても勝負に出る、わけじゃなくて、ただただ淡々と勝負が続くだけだと思うけれども。毎日毎月毎年。

こないだ飲み会に「We need a new vehicle.」って名前つけたんですけど、ET自体も法人化したことと、「New Vehicle」になることはイコールではないと思っていて、ただ、そろそろNew Vehicleの総体は可視化できるフェイズに入ってくるんじゃないかなあと思ってます。

まあ、多分、「楽しいは正しい、正しいは楽しい」って2年前決めたことに戻って来てるんですよね。僕が年始にメッセージを作る時は1年の目標とか標語じゃなくて、自分の原理原則を1つ増やす、という作業だと思っているので、そういう風に振り返って思い起こせるのは多分うちの運び方として良い兆候で。

世の中は。

到底、楽しいでは済ませられない状況にある気がしてます。僕割と物事は肯定しますけど、肯定できないものは詰めたくなる。ただ上辺の楽しさだけじゃなくて、きちんと問題解決の仕事のコアの部分への道筋を手繰り寄せつつ、楽しさと正しさがバランスするようなやり方を模索していかなければいけない。

辛い、って言ってても、辛いだけですからね。「もがき楽しめ」、というやつだ。

所詮、相変わらず一人会社ですから、やれることはどだい限られてます。ただ、僕は僕が考え得る範囲で、個人とかフリーランスとかノマドとかインディペンデント・コントラクターとか一人会社とかの閾値にはまだ僕自身全然達していない気がするので、これからが楽しみでもある。

うち「The Incentive Engine.」なわけで、甚だ他力本願なアプローチが、ミッション・ステートメントになってますからね。なんで僕はやれることを増やせば良い。変わらない。変わらない。それをやり続ける体力を担保できる仕組みを作れれば良い。

というわけで、0年最終日、良い感じで締めくくりたいですね。良い1日にしよう。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円