2013/8/27

「海 – umi – 」私小説としての写真

そうそう、こういう話、そもそも展示につけるか否か迷ったんですけど、結局、maricoさんの展示だからやらなかったんですが、まあ終わったので、今回の写真どういう6点なのかざっくり解説しておきます。というか、テキストは写真を選んだ時に作成済みだったんですが。

勝浦・千葉
サッカー女子日本代表が優勝した日、友人の親戚のリゾートマンションのベランダで、朝焼けを待ちました。小高い丘の上から見下ろす紫に染まる漁村。朝市で買ったイワシが美味かった。

清水・静岡
日本平からロープウエイで久能山東照宮に渡ります。静岡は徳川縁の地。本当は1159段の石段を登って参拝するのですが、裏口入山したわけです。目の前に開けるは、太平洋。そんな写真を公開したら、子供の頃に釣りしてた浜です!と教えていただきました。

小豆島・香川
初めて訪れた瀬戸内の島は小豆島でした。映画の舞台としても有名な、風光明媚で歴史が受け継がれる島。土庄港には胡麻油の香り、草壁港には醤油の香り。高松へ向かうフェリーから、ビール片手に友人たちと眺めた夕暮れです。

雄勝・宮城
雄勝は先の東日本大震災で甚大な被害を受けました。石巻で高校生にアプリ開発を教えるプロジェクトを行う仲間に、連れて行ってもらいました。荒浜には井上雄彦さんらによる、雄勝希望のキャンバスという壁画があります。ただ僕が目を奪われたのは、少年達が見据える、荒浜の海辺の風景でした。

読谷村・沖縄
読谷村には沖縄の手仕事があります。やちむんと呼ばれる焼きもの、再生ガラスを用いた手吹きガラス。学び舎の雰囲気がある。そこから程なく辿り着くのが残波岬。初めて見た沖縄の海でした。引退間近の父親と、男やもめの旅でした。

益田・島根
三里が浜と言うんだそうです。12kmくらいですか。撮影で回った益田はくしくもこの日、曇天。日本海に沈む夕焼けをと言われ来たものの半ば諦めていたのですが。天運まさに我にあり。天と地の境目に沈みゆく紅の太陽は、これも自然が織りなす神楽かと、思うにふさわしい光景。

まあとりあえず、展示にはつけなくて良かったかなw。

再来週にはまた違う海を見に行って来ます。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円