2006/10/4

趣味人

大好きな後輩と「仕事より趣味だ、って言える大人になりたいね、もう年齢的にはいい大人だが」なんてメールのやり取りをしておったのですが、この1年はホント「本を読むために仕事をしている」感じなんですよね、私。とは言え、本を読むことと、仕事について考えることの境界線はありそうであまりなくて、仕事を投影しながら物語を読んだり、物語のメタファーを思い出しながら仕事について語ったりということも多いですから。

とは言え、世の中のものはすべからく因果関係で繋がっていて、実はONとOFFの切り分けなんてものは僕の年齢では必要ないんじゃないかなあと思ったりもしています。仕事も僕の一部だし、趣味も仕事の一部だし、アイデンティティのエッセンスを交換するのが会話ということだったりするのだと思いますし。

とにもかくにも、あいつは愉快だ、痛快だって思われるのが大事なんですよ、きっと。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram