2013/8/3

『人間の建設』 小林秀雄 岡潔

人間の建設 (新潮文庫)
小林 秀雄 岡 潔
新潮社
売り上げランキング: 7,607

友人に『春宵十話』を読むと『人間の建設』も読みたくなると言われたのですが、こちらも買ってあったのでした。対談というよりは、小林秀雄が岡潔にインタビューしているという感じでしょうか。この本、読んでて色々学ぶべきところや共感するところあって、俳句のくだりで、ET Luv.Lab.とかもそういうことだよねとか、大学多過ぎって議論この時代からあったんだよねとか。この世代の人間が抱えるコンテクストへのアプローチの感覚って、実は今みたいな個の発信力が最大化されている時代にこそ、意味があるような気がします。ただ、とにかく凄く良いと思った言葉があって。「素朴な観念」。到達点としての「複雑」をぐぐっと引き戻して、「素朴」ということに持って来る。そうしないとこの時代ですら、もう説明がつかなくなるって思ってたのですね。ホロ酔いで読むのに最高の一冊でした。難しい話してるっちゃそうですが、ダイアログということもあり読みやすくて、さくっと読めてお薦めです。

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)
岡 潔
光文社
売り上げランキング: 16,420
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram