2013/6/25

PowerShot G15のケースはLoweproのサンティアゴ 30がお薦め

目下、PowerShot G15が大活躍中で、余程特殊なことがない限り家での撮影はG15になりましたし(前に友人が来た時に、料理の写真いつも一眼で撮ってたのかってびっくりされた)、maricoさんのワークショップや後輩の結婚式の動画撮影などにも大活躍してくれました。かなり良い。

で、これはちょっと取り扱いを考えなくてはならぬということで、ケース、なんですが、なぜか、G15のケースってレザーで作りたがるんですよね。いやあなんか、とっぽい、後、抜本的な問題として高い。ケースなのでね。というわけで、ネットで検索したところ、これがサイズ良いよ、というのをLoweproで発見しました。

ロープロ デジカメケース サンティアゴ 30 ブラック 362286
Lowepro (2010-10-25)
売り上げランキング: 14,059

確かに、丁度よいみたい。

ドンピシャですねー。やるなLowePro。

ハンドストラップを畳んで入れてちょうどくらいですね。いざという時になんか詰め込めるけど、中で動き回らない絶妙なサイズ感です。ネックストラップ的なものもついてましたが、多分使いません。あ、そうそう、ハンドストラップ、G10で使っていたのを流用しようとしたら、先っぽボロボロになってループに通りませんでした。というわけで、炙った。

G10で使ってたハンドストラップをG15に付け替えようと思ったら、ベルトの先端がほつれておりどうにもループに通らない。でも、化繊だからと思い、ハサミでぶった切って、ライターで炙ったら綺麗に固まった。化繊も悪いことだけじゃないっすね、はい。

ハサミでぶった切って、ライターでちょっとだけ炙ってやると、いい感じに先端が溶けて固まるので、後は手で少し押し固めればループに通すことができました。やっぱりコンパクトカメラにはハンドストラップだと思います。特に、高いところでカメラ出す時とか、ハンドストラップに手首通してないと、気持ちも落ち着かないので。

セミハードのケースで、値段的にもルックス的にもお値打ちだと思いました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram