2013/5/22

物語の延長線 – ET Luv.Lab. Extended

旅行って、僕そもそもそんなに好きだったわけじゃないんですよね。割と、何となく旅行楽しいなって感じで、あんまり、旅は人間を作る、みたいにも考えてなかったし。ただ、美味いもの食べるの好きだし、自然の多いところも好きだし、市場見たり、街並み眺めたり、するのも嫌いじゃない。まあただ、ここ数年、本当に楽しいなあと思うのは、観光でもなく、出張でもなく、なんだろう、その中間というか、仕事、というかプロジェクトのきっかけ、ないし、とっかかりを探しに行くのが楽しくてですね。一番、顕著なのは結果的には石巻ですね、多分。あと、そういう意味で今回の福岡もすごく貴重な経験だったわけで。

別に新しいところ行って、仕事くださいってアピールするわけでもないし、是非何か一緒にやりましょう!、って煽ってくるわけでもなくて、どっちかって言うと、現地にいる知り合いが、地元とどういう付き合いしているのかなあとか、どういう風にそこで働きや暮らしが回ってるのかなあ、って観察してくるだけで十分なんですけど。基本的にぷらぷらしているだけです、僕は。で、帰って来ると何かやることになっているということがままあるというだけで。

そういう意味でも、今回の福岡は面白かった。実はお世話になった友人2人とも、福岡に入ってほぼ1年。1人は福岡の都市部での暮らし、もう1人は糸島で郊外での暮らしをまさに始めたところで。あ、郊外って距離的にはそれこそ東京と東戸塚くらいの距離と時間ですけど、あの全然違いますけども。

越水 大輔 – 「ローカルにコミットする躍動感」 – ET Luv.Lab.

畠山 千春 – 「見えやすくする、触れやすくする、慈しみやすくする」 – ET Luv.Lab.

僕、多分ここ半年くらい福岡行きたいなあと思ってたんですけど、特に畠山さんの一昨年のインタビューの後の話。いすみでの暮らしを話してるんだけど、その時、そこを離れようと考えているという話も聞いていて。あのインタビューはあれである種、完結している話なんですけど、まあ他のインタビューも大体そうなんですけど、インタビューしてからなんですよね、僕にとって面白いのは。で、移住して、住むところ探して、何とか家を住みたい場所に借りるとこまで漕ぎ着けて、そこでの暮らしが始まった、というタイミングで行ったのが今回です。

ご本人も書いてたけど、前のインタビューで言っていたことが、少しずつ、ただし、きちんと形になっていて、別に僕、安心するとか言う立場でもないんだけど、現地を色々経験させてもらって、つまるところ「納得がいった」ってやつだったと思うんですよね。この感覚大事だと思うんですよね。人に説得されるんじゃなくて、自分が納得する、というような。

インタビュー自体は今回の福岡行きでだったけど、これは越水さんともそう。横浜の喫茶店で初対面でざっくり仕事の話して、でもすぐ福岡行くんですよね、って言われて、あれ?と思いながらも、面白そうだと思っていたら、彼も福岡で、こちらからは見えない色々をやっていて。そういうの現地に行って見えてくるととても面白いし、人がどうやって自分の仕事をビルドアップしていくかって言うのは、自分自身がそういうことを経験して来ただけに、興味深いし、面白いですよね。

「どうしたいか?」聞いておいて、聞きっぱなしってのは、なんかさあという。

後はやはり会わないと話せないことはあると思っていて、こういうことあるんだろうなあ、とか、そういうことどうなんだろうなあ、みたいなところ、ソーシャルメディアやブログでは、結論まで出ない話、現地に会いに行けばしっかり踏み込んで話せるので、現場に行くことはやはり大事。

人の生き方みたいなところに、踏み込まないとわかんないことあるんですよ、絶対。いつも思うけど。ET Luv.Lab.とか結局、どうやって人の生き方にコミットするかって話なので。まあ、ほんのちょっと踏み込んでくるだけですけど。それで大分わかることがある。ああ、これ酒飲みに行くこととかもそうですね。

そういうのが楽しいんだなあ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram