2013/5/16

自治体総合フェアに行って来た

ユレッジでお世話になっている、J-SHISを運営するNIEDがブースを出しているということで、自治体総合フェアという展示会にビッグサイトに行って来ました。こういう展示会に行くのはとても久し振りでした。

自治体総合フェア2013

キーワードが「協働・情報・防災」ということで、かなりユレッジの興味分野に近いと思いつつ、自治体総合フェアということもあり、割とガッチリした防災に関わる企業や組織の雰囲気も見て来れるんじゃないかという、思惑、というか、どちらかというと好奇心もあり。

NIEDブースではJ-SHIS Mapを始め、様々な展示が行われており、ちょうど「地すべり」について全国の地図が完成したタイミングだったようで、地すべりを立体視する「Stereo Viewer」なるものをいただき。

Stereo Viewer

地すべりの映像も見せていただいたのですが、ちょっと想像をはるかに超えていた。YouTubeでそれに類する映像ないか見てみたんですけど、見せていただいたものほど、ありありとわかるものなかったので、後で公開されているものないか聞いてみようと思っております。

その他、レポートや災害時の手引きなど、色々もらって来たので、しばらく勉強しないとなあ。

あとユレッジの資料配布にご協力もいただいています。ありがとうございます。

スライド1

スライド2

他のブースは、例えばALSOKとか、東京ガスとか、NTTドコモとか、名前をよく知る会社も出展していましたし、防災時のゼッケン販売する会社や、あまり知らなかったベンチャーさんなどもあり。印象としては、なんせ自治体フェアなので、自治体や法人への安否確認を始めとしたシステム導入のパッケージが多かったです。やっぱりそうなるよね。

そうそう、未来を変えるデザイン展で、5月25日、助けあいジャパンがイベントやるようです。

大震災が起きる前に考えておきたい“そなえ”の知恵とノウハウ | PeaTiX

これはもっと一般の人に向けた、防災のワークショップになるはずで、気になっているんだけど、スケジュールが微妙。興味ある方は是非どうぞ。というか、誰か行ってレポートしてくれないかなw。

夜はようやくユレッジのリリース打ち上げを皆としました。皆忙しいので、1ヶ月くらい後になっちゃったけど、まだまだ色々やって行きますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

ユレッジ : 日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram