2013/5/5

「益子やきもの市」に行って来た

GW後半ということで、まあ基本は休むつもりだったのですが、どこも行かないというのも手持ち無沙汰だなあと思っていた時に、ちょっと全国のクラフトイベント一覧みたいなのを見ていたら、益子やきもの市というのを見つけ、ちょうど開催時期がこのGW期間ということに気付きました。正直、益子焼に僕全く興味なく、ただ、調べたところ、若手の作家さんが全国から参加するクラフトフェアということで、毎年40万人動員するイベントということがわかり、それ物見遊山で出かけるだけでも面白いんじゃないか、ということになり。

乗り換え検索したら、東戸塚〜益子間は湘南新宿ラインで小山まで2時間、そこから水戸線で下館まで20分、最後は真岡鉄道というので45分、乗り換え入れて3時間半でしたから、ああ許容範囲だなというわけで、朝の8時半の東戸塚発湘南新宿ラインで益子を目指します。

僕、これまで全然土地勘なかったのですが、どうも、つくばの北とからしく(JA北つくばって看板を見かけ)、そういや茨城のお米って見かけるよなあとか思いながら、車窓から田園風景を眺めます。まだちょうどこのGWに田植えしている農家さんもいるみたいで、田植え風景を散見。

田んぼ田んぼ田んぼ!

下館からは真岡鉄道というのに乗るんですが、これSLが走る路線なんだそう。僕の乗ったのはSLではなかったですが、なんかキッチュな2両編成の列車で旅情あり。

なんか、カワイイ電車。これに45分ほど揺られます。

昼飯は悔しいかな、行楽地のイベント時メニューに引っかかってしまい、不発でしたorz。さて、件のやきもの市ですが。

すごい人!どっから来たの!というくらい。

とにかくすごい人!40万人と聞いたので、混んでるのかなと思いつつも、まあやきもの市だし、と思っていたら甘かった。完全に人混みです。いわゆる商店街で売ってそうなのがワゴンで100円、200円、よりどり3つで1,000円、みたいなものから、若手の作家さんが皆で駐車スペースのようなところにテント並べて出しているコーナー、日本有数の焼き物産地、益子ですから、当然、ギャラリーはあって有名な作家さんのものが並んでいたようだし、窯元もあるし、共同売店みたいなものもある。一応ここまで焼き物の話ですけど。

違うんですよ、益子やきもの市。人来るわけだから当然食べ物ありますよね。かき氷、フランクフルト、トッポギ、焼き鳥と言ったいわゆる屋台、手打ちそばのブースや、シェフのまかないカレーなるもの、手作りパンを売っている店やら、カフェやら、疲れた人はビール飲んでたり。更には、クラフト系だと、ガラスはおろか、アクセサリー、木の器、漆器、観光地だからセレクトショップっぽくしているギャラリーもあって廣田硝子とか東京じゃんとか思いつつ。また、ヒッピーっぽいカップルが手作りのイラスト描いた壁掛け時計売っていたり、フェスにいそうな人がピアニカとオルガンでライブやってたり。アロマとかマッサージもありました。

僕は正味2時間くらい見て回って、もう見るのに集中してたので、それでも数千点の焼き物を有象無象見たと思うですけど、そんな機会は初めてだし、はっきり言ってあんだけ見ると何が何だかわからなくなりますよね。感想としては割とどれも「あまりよくないもの」に見えるようになって来て。まあいいかあ、と思っていたら、最後の最後でイギリス人の作家さんのテントの作品がカッコいいのを見つけ。何とか焼きって言うより、どっちかって言うと、Lucie Rieとかの世界で磁器なんだけども、これは後でゆっくり撮影しようと思います。今回はそれだけを買った。

総じてすごくエンターテインメントしているイベントだと思います。若いカップルもいたし、女子大生グループもいたし、家族連れもいたし、ちょっと見かけないようなお洒落な老夫婦もいたりして。かなり年月続いているイベントみたいなので、それだけファンも裾野を広く抱えてるんだろうなと感心した。

閑話休題。

失礼な話、僕は忘れてたんですけど、行く前に調べてたら、益子って9割の窯が震災で壊れたんだそうです。当然、器も割れている。更に益子に関しては昨年の竜巻の被害もあったそうで、かなりタフな2年だったようです。一方で、おそらく今日の賑わいというのは、9割の窯が元に戻ったという話ではなくて、いやむしろ色々厳しいながら頑張ってるって感じじゃないかと思うんですが、この益子やきもの市、って祭典というか、フェスというか、もうだからあのカオスを作り出しているのは益子の人が主導なんだろうけど、もうなんか全国のそういうこと好きな人達なんだろうな、という感じがしました。この「場所」に人が集まる、という時に「場所」じゃなくて、「やきもの・クラフト」みたいな対象物に強い吸引力があって、その「メッカ」みたいになっているって言うのは、少しまた今まで見て来た場所とも違う性質のことなのかなと。そういう意味でも良いイベントでした。

でまあ、そもそも人多いところ嫌いなので(これ、どうしょうもないなw)、2時間めいいっぱい楽しんで、お暇することにしたのですが、来た道戻るだけかと思ったら、宇都宮駅までバスが走っていることが判明。宇都宮餃子食べて、湘南新宿ラインで2時間半、乗り換えなしで帰るってのは結構良いなと思って、今、路線バスで宇都宮に向かってます。さすがにやきもの市の影響もあり、定刻には宇都宮到着しなさそうな気がしていますが、乗り物乗っている時間自体は、益子→下館→小山→東戸塚と益子→宇都宮→東戸塚、同じ3時間半のようなので、こっちのルートもありかなあと思います。あと、駅前から秋葉原行きの高速バスが出てたから、都内の人は一番それが便利かも。

日が落ちてきて、田園の緑も良い感じに煌めいております。道も大分動き出したっぽいので、これにてドロン。しばし路線バスの車窓の風景楽しもうかと。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円