2013/4/29

食器考 – 器は楽しい

最近、シリーズ物っぽくなってますが。食器のことはあんまり知ったようなこと書くと仕事に差し支えありそうですがw、まああくまで個人の趣味の世界として書いておきます。そもそも、僕の作る料理は「特別」美味いわけでもないので、まあ目で楽しむところにお世話になっているところが大きい。主に接待料理は、やきもち坂食堂のFacebookページでご紹介しております。

やきもち坂食堂

何とか焼きが良いよー、と紹介しても、そういうのどこにあるのって感じだと思うので、あえてネットショップベースで気に入ってる器を紹介したいと思います。

みんげいおくむら

僕が唯一、メルマガを購読しているネットショップです。たまにイベント的にヒカリエにも出店していて、知る人ぞ知る的な。とても好きなお店です。

2.5寸皿。鹿児島の龍門司焼です。梅干や佃煮、薬味も、こういうのにちょこんとあると大分良いです。

この4寸皿というのがうちの主役。こういうのに一品ずつ並べると、別に茹でただけとかでも華やかさ出るので良いです。小さいと洗うの楽だし。

小鉢はやはり便利ですね。これ面取りかっこ良くて割と奮発して買ってしまった。

角皿は小代焼のスリップウェアを使ってます。オイルサーディン乗りますよ、くらいのサイズ感。これそういやヒカリエで買いましたね。

あんまり、みんげいおくむらではでかい買い物してないです。良いものが色々見受けられるので、小さいのをちょっとずつ集めてる感じです。

砥部焼 梅山窯

砥部焼というか、この梅山窯というのが好きです。

【砥部焼 梅山窯】あか花の茶碗(大)

【砥部焼 梅山窯】あか花の茶碗(大)
価格:1,680円(税込、送料別)

マイ茶碗。毎日見てるけど飽きない。

8寸皿。一人でカレー食べる時とか、一皿でもろもろ盛りつけきっちゃいたい時とか。

design shop

日本酒飲む時用の片口。この小久慈焼はシンプルですが気に入っています。

とは言え、旅先

まあネットショップで、とは言え、現地で現物見て買うのはやはり楽しい。

沖縄買い付け日記

贈り物

あとたまに婚約したカップルにホームパーティ呼ばれちゃいましたー、みたいな時あるんですが、そういうの結構急なので和食器の手配は間に合わず。大概、東戸塚のイルムスで調達。最近のチョイスはこんなの。

華やかなのもらった、って品物が割とあるので、DANSKは良いと思います。

あと割と定番だけどIITTALAとか。

来客専用

自分じゃ買いませんが、カタログギフトでゲットした白山陶器の平茶碗が柄違いで5枚あります。これ良いですよ、物珍しがられて。

友人ご家族からいただいたものですが、そういやお嫁さん富山ご出身だったなあ、なるほどー、となりました。地元の良いもの送れるの良いですね。これ超カッコイイ。

これもカタログギフトですが。こちらもたまに使ってます。あ、緑。

その他

後は100円ショップとか無印良品とか場合によってはEtsyとかですかね。九谷とか伊万里とかは実は手を出してなかったりする。あ、そうそう最後に先輩が作った器も持ってますよ。

ゆう工房 掻き落とし皿

備前の金重有邦さんのお弟子さん3名による「ゆう工房」。岡山の天満屋さんのネットショップで購入できます。そう言えば、今日、横浜の洋服屋で、児島注染ってのが店員さんの地元でって説明を受けたので、僕も仕事でまれに伊部行きます、みたいな話ししたら妙に喜ばれました。多分、僕、金重さんところの仕事なかったら、器自分でも買いたいとか思わなかったろうな。

備前焼 金重有邦 : YUHO KANESHIGE Official Site

ちょうど5/1〜5/6まで、広島八丁堀天満屋さんで、「ゆう工房 食のうつわ展」が行われているそうなので、近くにお住まいの方は是非。

まあ、結論としては器は楽しくて、多分当分飽きそうにないです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram