2013/4/21

できることできないこと、やることやらないこと

今日、ノマドの記事とか読んでたら、もうなんかすっかり僕とかノマドというよりホームワーカーですよね。まあ雇われている人がそういう風に言われるのかも知れないけど、どう考えても外のカフェで仕事するより、自分の家で仕事してる方が楽しいんですが、どうなのか。まあ、18歳から自分の家でしか仕事したことない人なので、なんか軸足そこにあるんだろうなと思います。家好きです。概念的に。

さて、1期の終わりに向けて、色々考えていたことがありまして。やれることを増やす、ということは僕の大きな課題で、まあこれ生きてる限りやっていくんだろうと思うけど、一方で、無制限にコミットメント増やすってのは到底リソース限られているから無理なわけで。とは言え、会社作ってから色々やってみましたね、と。

で、ここで「やらないことを決める」ってのが大事みたいな話を思い出すんだけれども、基本的にいくつか「できることをやらない」ことにしました。ビジネスでもプライベートでも、ね。「できないことをやれるようにしたい」という時に、「できることはやらない」というロジック。これは結構、逡巡があったり、後ろめたさがあったり、懐疑もあるし、懸案もあるんだけども。

ただ相変わらず「やることを減らして、リソースを集中させましょう」というんじゃなくて、「やれることやらない分、できないことをできるようにする」ってのが基本的な考え方です。だから、基本的にはリソースの稼働率は下げない予定。

まあ、あんまりぐだぐだ書くところではないんですが、なんかまだまだ新しいことできる気がしてるんですよね。で、割とワクワク感がある。という時に、「どこにリソースを割いて、どういう風にコミットするか」ってのの交通整理だけはしないといかんなあと思いまして。

今日、久し振りに「なにもしない」がテーマの週末で、まあだから基本的にはお休みを取ろうよ、って話だったのですが、なにもしないと、確かに、なにも考えずに済んで、思考の前進が止まると、割と遠景とか足場とか頭上とか、その見渡しと見通しを確認できる良い機会でした。

だから今日の今日まで、僕は「できることできないこと、やることやらないこと」っていうことを、もろもろの決定について整理できてなかったんですけど、ふと立ち止まって、それぞれの意味を経緯に紐付けてやると、そういうことなんだろうなと思いました。

ちょっと割りきらないといけない部分があり、そういうのは何だか口惜しい気もしますが。

ただ、こないだバーでさくっとビール引っ掛けてきた時に、「随分お疲れの様子ですね」と言われ、本当に疲れてたのか、疲れてるように見せたかったのかw、わかんないけど、そういうこともあまりないようにしないと、なんか自ずと仕事なくなっちゃいそうな気がしますし。楽しそうに仕事やってるところにしか、仕事は来ない、ってのは、去年散々言ったけど、会社になろうが僕に関してはきっと変わらない話で。

GW前に納めるものを納めつつ、GW明けるとまた動かそうとしているものもあり、という辺りで、自分の立ち位置を確認しつつ、明日も「何もしない」週末を過ごします。頭に軽やかさが戻ってきた感じがします。もう少し羽休め。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円