2013/4/4

「それボランティアですか?」という問いとその答え

たまあに、初対面の方に話ししてると、「それボランティアですか?」って聞かれることがあります。「まあそうですかねえ」くらいの返答するんですけど、僕基本的に自分のやってることでボランティアだと思っていることって唯の一つもなくて。あんまり、長い付き合いの人にはそういうこと言われないんだけど(色々知ってるから)、極論、ブログに食べ物屋さんのレビューを書くことだってボランティアではないと思ってやってます。

僕あまりトップ・ダウン型のセルフ・ブランディングって価値がないというか、少なくとも自分に向いてないと思っていて、どっちって言うとブランディングという意味では、ひたすらブランド資産を貯めこむことが大事だと思うんですよね。で、基本、自分が興味あることって、自分のブランドにおいては資産価値あるので、まあたまに贅肉もありましょうが、とにかく資産を貯めこむのが大事だと。

だから、ブランディングにおける資産価値って言う時に、貯めこむ資産がビジネスかボランティアかって考えると、そもそもブランディング考えている時点でビジネスなので、それがお金もらってやってる仕事か、お金もらわないでやってる仕事か(ビジネスとボランティアの区別がそういうことだと仮定するとですけど)、っていうのは実はあんまりそこでの一次的判断基準にならないんですよね、実は。

プラス最近思うのは、「仕事をしてお金をもらう」って考え方よりも、「仕事をする」と「お金にする」って別のこととして考えてた方が動きやすいなあという気がしています。いやまあ、全部の仕事、全部気持よくお金にできていたら、「仕事をしてお金をもらう」で良いんですが、お金になる仕事もならない仕事もある、という時には、「仕事をする」と「お金にする」って別々に持ってた方が良い気がするんですよね。

良くサービスやプロジェクトのマネタイズ、って話があると思うんですけど、多分、マネタイズ考える前に、ブランダイズみたいなのがあるんですよ。自分のブランド資産にどう還元できるか。それきちんとプロジェクトごとに機能させていかないと、「これは儲かる仕事だから」とか「これは社会貢献になる仕事だから」とかどちらも駄目な気がしていて、極めて自分のところに落とせないと、それからに繋がっていかないと思うんですよね。そうしないと数珠繋ぎも機能しない。

大体、ボランティアっぽいことでも、なんか目論見あったりするんですよ。良い意味での下心というか。しかも、昔だったら、個人のカジュアルな情報発信なんて限られていたから、ある意味水面下であるがゆえの下心だったんだけど、そういう目論見って、割とソーシャルメディアで僕の場合はワイドオープンになっている。

でもそれで良いと思うし、そういうことやっていないと「それボランティアですか?」って言われ続ける気もしていて、「あれ、もらってないんですか」とか「あれ、もらってるんですか」とかあるけれど、全体観としていくつかがマネタイズできていて、全てがブランダイズできていれば、割と回るんじゃないかなあと思うんですよね。後は「仕事をする」と「お金にする」別々に考えていれば、それ両天秤に乗せての平衡感覚も働かせられるだろうし。

つって、別にすごい仕事できるわけでもないし、すごいお金にできるわけでもないので、まだまだこれからですけど。

来週ちょっと面白いプロジェクトの公開が控えてるので、割とエキサイティングしている今日この頃です。少なくとも、ボランティアではないですw。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円