2013/3/22

Send to Kindleボタンを実装してみたものの・・・

新しいもの好き!というわけで、Send to Kindleボタンというのが出たらしいので、kosukekato.comにまずは実装してみました(本当はET Luv.Lab.とかの方が親和性高いのかなとも思うのだけど)。

Kindle Post US: The Send to Kindle Button

で、こんな感じでKindle Paperwhiteで読めますよ!ってやりたかったのですが、こんなこと言われまして。

Delivery Settings
Please choose one or more Kindles where you wish to deliver your documents. You can also choose to send your documents to your Kindle Library.

だから多分、.comのサービスだと、.co.jpのアカウントに紐づいているKindleにコンテンツ渡せないんだと思うんですよね。なんか登録する方法とかあるのかもですけど、面倒そうなので、辞めました。まあこの辺、今後どうなるか気になっていて、電子書籍で、洋書もボーダレスに取り扱えるようになるまで、Kindleに付帯するサービスもAmazon.comとAmazon.jpで同じもん使えないって話っぽいですよね。とかなると、なんとかしてしまいそうなのが、Amazonだったりもするんですが。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram