2013/3/10

沖縄

割と日本全国色々なところに行ってみていますが、沖縄は初上陸となりました。久しく、どこかに行くにしても、仕事があったり、友人が既にセットアップしてくれていたり、というのが多かったので、久し振りのほぼほぼフリープランの旅行でした。一度は行ってみたかった沖縄だったので、ETも休業ということで、本気で休んで来ました。

しむじょう

今回、沖縄でお仕事もされている友人に、予め良いお店をいくつか聞いていたので、那覇空港に到着後、まずは沖縄そばを食べに向かいます。カーナビに電話番号登録して向かってみると、普通に住宅地。急勾配の坂道を上がって、ここか?とたどり着いたところには駐車場がなく店もなく。看板が出ていたので、店に電話してみると、道順を教えていただき辿り着いたのがこちら。

沖縄 5

沖縄の古民家なんですね。

沖縄 1

沖縄 2

とても良い雰囲気で、でも手入れが行き届いていて、期待高まります。

沖縄 3

来ました!初めての本場の沖縄そば。定食にゆし豆腐トッピングして大盛りをいただきました。もう抜群というか、これまで食べてたのなんだったんだってくらい美味しかったです。帰りに空港でも沖縄そば食べてみたんですが、別次元。ちょっとわかりにくい場所ですが、本当に良いお店でした。ご紹介ありがとうございます。

沖縄 4

丘の上なので、見晴らしも良く、吹き抜ける風が心地良かったです。沖縄来たぞ感満点。

首里城

とりあえず、首里城は行かないとというわけで、行って来ました。

沖縄 7

沖縄 8

駐車場からの通り道にあった、沖縄県立芸術大学というところの門戸にあったシーサーが良かったです。本当に一般のご家庭から、銀行の玄関に至るまで、普通にシーサー、置いてあるんですね、沖縄。

沖縄 11

沖縄 12

沖縄 13

首里城です。やっぱり何か中国的なものを感じるというか、天気が良いことも相まって、赤が鮮烈でした。

ひめゆりの塔

ここから南の糸満の方を目指します。ひめゆりの塔へ。

沖縄 18

献花の後、資料館へ。なんかやっぱり来た方が良いところです。制服の自衛官?の子たちもいっぱいいて、生き残った方、だからある意味、語り部なのだと思うのだけど、そういう方のお話に熱心に聞き入っていました。

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

ひめゆりの塔の駐車場で次どこ行こうかと話していたら、駐車場のおじさんがいくつか候補をくれて、そのうちの斎場御嶽というのが良さそうだったので、行ってみることにしました。

沖縄 20

沖縄 21

沖縄 23

沖縄 24

こちら、琉球王朝の最高の聖域、という説明で、古来から人が色々祈りを捧げていた場所だったんでしょう。ただちょっと人が多くて、荘厳さはわからなかったかな。

那覇

ホテルにチェックインしてから国際通りへ。というか、壺屋やちむん通りというところに行きたかったんですよね。

沖縄 25

沖縄 26

僕が家で使っているのは読谷山焼ってやつですが、沖縄には壺屋焼というのがあって、骨董から伝統的な物、現代的な物まで扱うお店が並びます。ここでは小橋川清次という方の海鼠釉のカラカラを買いました(ちょっと奮発した)。あと育陶園というところで、なんかもらいものばかりしていてお返しできてない友人にお土産を少々。

あしびうなあ

晩飯はこれまた友人にご紹介いただいた、首里のあしびうなあというお店へ。昼間、首里城行く時にたまたま店の前通っていたので、その時に縁台のカウンター席を予約しておきました。ただ、モノレールの「儀保」って駅から徒歩で向かったのですが、軽く遭難。沖縄思っていたより市街地は夜真っ暗で(それで正しいと思うんだけど)、いやはや焦りました。

沖縄 28

こんな感じで、縁台のカウンター席で、席の向こう側は庭です。

沖縄 27

そこにオリオンビールがくれば最高。

沖縄 31

ご飯、とても美味しかったです。ありきたりの沖縄料理のメニューだけではない感じで、伝統料理から、季節のものまで思う存分楽しめました。すごい食べたな。昼のしむじょうと、夜のあしびうなあと、食べてみて勘違いしてたなあと思ったのは、沖縄ってなまじ食材がバラエティ豊かというか、何でも食べるイメージだけど、味付けはすごい洗練されていますよね。すごく上品。それからこの晩はラッキーがあって、庭の向こうの離れの席のお客さんが(確実に沖縄の人)、三線引いて歌い出しまして(ライブパフォーマンスとかではなく)。プロの人を呼んだのか、三線借りて歌い出したのかわかりませんでしたが、とっても良かったです。

第一牧志公設市場

翌日は朝から第一牧志公設市場というところに向かいました。やっぱり市場は気になるわけです、ましてや沖縄。

沖縄 32

沖縄 33

やはり沖縄の豚肉カルチャーは強烈。

沖縄 34

沖縄 35

魚も完全に南の島ですよね。

ここで買ったものは2Fの食堂で調理してもらえるようになっていて、は友人にセミエビ美味いですよ、などと教えてもらっていたのですが、朝飯付きだったので、ここは大人しく。本当は最終日再訪しようかと思ってたんですが、結局立ち寄れなくて、買い物はできませんでした。まあでも試食で食べさせてもらった島らっきょとか美味しかったし、お店、お店で全然味が違うんですよね。

読谷村

さて、ここから僕のこの旅のメインイベントです。やちむんの里、読谷村というところに向かいます。途中、嘉手納などを通りました。車からスタバ覗いたら、お客さん皆外国人でしたね。あと、オスプレーが飛んでいる姿を道すがら見かけました。なんかね、違う場所の話じゃないですね。

沖縄 36

沖縄 37

沖縄 38

読谷村の入り口は宙吹きガラス工房「虹」。僕は琉球ガラスのコップを一つ購入。国際通りとかで琉球ガラスって売ってるのとかとは別物でした。すごく良かったです。後、大きなものの展示もあって、ああいうのはベネチアン・グラス的な迫力ありますね。

沖縄 39

あ、そうそう、こちらの住居エリアの外観が大変素敵でした。

沖縄 40

沖縄 42

さて、歩いて進んでくと北窯。ここが僕がいつも利用しているみんげいおくむらでやちむんとして販売されているものです。いやあ、実際の場所を訪問できる機会があるとは。

沖縄 44

登窯もすごい迫力ですよね。僕が岡山の金重有邦さんのところで観たものとはまた違う感じで凄かったです(そろそろ伊部も行かなくては)。焼き物は小さめのお皿を3枚、後はお土産を買い足して、かなり買い物充となりました。明らかに良いですね、というのは良いお値段が付いていたので、割とカワイイ系を買ってみた。

残波岬

実は沖縄2日目にして、まだ一度も砂浜行ってなかったんですね。というわけで、読谷村の近くの残波岬へ。

沖縄 45

沖縄 47

沖縄 50

圧倒的に海綺麗でした。しばらく岩場でボケーッとしてた。

ブセナ・テラス

さすがに僕も名前は知っていた、リゾート。2日目はここに行くこともあり、早めにチェックインとなりました。ロビーが風が吹き抜ける作りになっていて、とても心地良かったです。6Fでしたが眺めが凄かった。

沖縄 55

とは言え、リゾートで何する?ってなって、うーんどうなんだろうと思いつつ、ガラス底ボート、海中展望塔というアトラクションを体験してみました。これが意外と楽しかった。

沖縄 61

ボートの底から海が見えるようになっていて、餌撒くと魚が寄ってきます。珊瑚とかも見れますし、スキューバとかやると本当は楽しいんだろうなあと思いつつ。

動画撮ってみました。

沖縄 66

沖縄 70

沖縄 72

こちらは海中展望というやつ。階段降りていくと覗き窓があって、魚がたくさん泳いでいるのが見えます。綺麗でした。

沖縄 75

夕焼けを拝み。

沖縄 84

朝を迎える。

ご飯美味しかったですね。そろそろ沖縄料理飽きてきたとか言い出したので(僕は全然良かったのだけど)、中華にしてみましたが、沖縄の食材を使ったモダンなチャイニーズで、美味しかった。後、一人久し振りにカクテルやらウォッカやらピアノの演奏とボーカル聴きながら飲んで、大分リフレッシュできました。

海中道路

西海岸を離れ、東海岸に向かいます。うるまの海中道路を目指します。

沖縄 89

両側が海です。気持ちが良い。

沖縄 92

沖縄 94

海綺麗でしたね。

伊計島

とりあえず、終点の伊計島まで行ってみました。ここ本来的にあんまり観光するところじゃないと思うのですが、観光するところじゃないところに降り立つのも観光の醍醐味で。

沖縄 96

沖縄 98

島の方が、農作業をしていて、すごい良い感じの景色でした。なんかね、良いですよね、人の穏やかな営みがあるところは。

沖縄 102

こういう、何の手も入ってないのに、こうなっちゃってるのとか、かっこ良い。

勝連城址

伊計島から海中道路を引き返し、近くの勝連城址に向かいました。こちら、天空の城、と呼ばれるそうで、頂上はちょうど海抜100mほど。何せ眺めが良い。

沖縄 105

沖縄 107

沖縄 108

沖縄 109

沖縄 111

沖縄 113

大体、城は高台にあるので、沖縄行ったら一度どこか行った方が良いですね。波打ち際やホテルとはまた違ったオーシャンビューがあります。

石川漁業協同組合 婦人直売店

さて、今回、僕が唯一、自分で調べて行きたかった店がありました。調べたというか、この本で読んだんです。

ウツボはわらう 『魚屋(うおや)』主人の“さかなばなし
西潟 正人
世界文化社
売り上げランキング: 63,935

逗子で有名な居酒屋さんだった「魚屋」のご主人が書いた本(残念ながら、もう閉店しているみたい)。その中で、沖縄の石川漁業協同組合 婦人直売店というところで墨汁定食を食べる、ということが書いてありまして、魚の専門家が沖縄行って是非食べたいというのであれば、それはスゴイのではないかと思って、勇んでうかがいました。あの名前から聞いてわかる通り、決して華やかなお店ではないです。僕らが小学生の頃の海の家、みたいなイメージかな。漁港の埠頭にぽつんとあります。ちょっと立ち寄ってみました、みたいなのあんまりなさそうな立地。

沖縄 114

こちらがくだんのイカ汁。ご覧のとおり、真っ黒なイカスミのスープに、柔らかく煮こまれたイカとヨモギ(多分)が添えられています。スープ自体は鰹出汁だと思うんだけど。とにかく、イカの匂いが強烈で、でも、生臭さは皆無で、濃厚なイカスミの風味を味わいつつ、でも不思議と後味はくどくない、とても不思議で美味しい食べものでした。寿司とか煮魚定食とかもありました。行って良かった。

中村家住宅

帰り、もう少しだけ時間があったので、中城村に立ち寄りました。この中村家住宅というのがなかなか良かった。

沖縄 115

沖縄 116

沖縄 117

沖縄 118

沖縄 119

いわゆる、地元の豪農の屋敷跡だそうで。

沖縄 120

沖縄 121

沖縄 122

こういう風に並ぶんだなあというのはイメージ湧いて良いですね。

沖縄 126

沖縄 127

裏手から屋根瓦も間近に見れました。沖縄の瓦、面白いですよね。そう言えば、沖縄って、お墓の形が全く違うんですね(考えてみれば、そりゃそうだろうってところだけど)。写真撮りませんでしたが(お墓なので)、そういうところも来ないとわかんないなあと思いました。

沖縄 130

沖縄 132

まだまだ夏は遠いですが、花も綺麗に咲いてましたね。

中城城址

この旅の最後は、中城城址。かなり立派な遺跡で、もう初夏ですか?って陽気でしたが、汗をかきかき散策しました。

沖縄 136

沖縄 138

沖縄 139

沖縄 140

沖縄 142

後は一路、那覇空港に向かって、ちょっと早めだったので、土産買いつつ、郷土料理屋で最後の酒を飲みつつ、帰ってまいりました。食べ逃していた、スク豆腐とか、ナーベラーとか、海ぶどうとか、最後食べ。あと食材をちょこちょこ買って来たので、しばらく料理楽しみですね。

いやー、もうなんかしっかり休んだぞーって感じです。なかなかこれだけどっぷり休める時間はなかなか取れないのですが、楽しかったし、良いものをたくさん観れたし、沖縄好きになりましたし。週明けからまた頑張ろう。

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円