2013/2/5

石巻、雄勝、荒浜

2月2日、3日と石巻に行って来ました。今回は、1人で行った1年前、一時画伯で行った半年前と違い、石巻工業高校の生徒さんたちとの親睦、ISHINOMAKI 2.0への取材、ヘンプワークショップという3つのプロジェクトをそれぞれ僕の友人たちが持ってって、僕はそのオーガナイズとサポートみたいな感じで行って来ました。今回の石巻行きの様子は、動画にまとめてみましたので、まずはこれを見ていただくと、早いと思います。

まずは1日目、ISHINOMAKI 2.0の皆さんにご協力いただいて、エクスカーション。

石巻

来るたびに日和山は必ず行っていますが、今回も小泉君に案内してもらって、色々説明を受けつつ、歩きます。

石巻、雄勝 6

日和山に登る途中の階段から中瀬の方を見下ろしました。

石巻、雄勝 12

日和山からの光景です。

石巻、雄勝 15

門脇小学校。

石巻、雄勝 16

住宅街の跡を歩きます。

石巻、雄勝 17

川沿いを切り上がる。

石巻、雄勝 18

ランチは1年ぶりにマルカで刺身定食。美味かった。あと楽しい、ここ。

雄勝

午後からは車で雄勝を目指しました。僕は古山さんの車に乗せていただいて、北上川沿いや山間を1時間ほど走り抜けながら、雄勝を目指します。古山さんが小さい頃、自転車で来ていた話とか聞けてとても良かった。

石巻、雄勝 19

雄勝です。ほぼ全て、波にさらわれてしまっている。

荒浜

今回来れなかった友人が井上雄彦さんの壁画が観たかったと言っていて、興味が湧いたので古山さんに聞いたら、雄勝から近いということだったので、連れていっていただきました。

石巻、雄勝 20

井上雄彦さんの壁画です。壁は左官職人の挟土秀平さんという方の作品だそう。地元の方のメッセージも書きこまれていました。ただ本当に心を揺さぶられるのは、この壁画ではなく。

石巻、雄勝 25

石巻、雄勝 26

石巻、雄勝 27

石巻、雄勝 31

石巻、雄勝 32

石巻、雄勝 33

石巻、雄勝 34

とても美しい浜でした。ホント綺麗だった。おそらくここも津波に襲われていて、古山さんも子供の頃の記憶を呼び覚ましながら、どういう地形だったか反芻しておられた。

夜は古山さんに三幸という素敵な割烹をセッティングしていただいて、東北テック道場で来られている皆さんとご一緒に晩飯。なんか色々一緒にできるところもあるんじゃないかなあ、とか思って、勉強になりました。というかご飯抜群に美味しかった。その後、復興バーに行って0時くらいまで飲んでました。

2日目、僕は11時からイトナブにて石巻工業高校の生徒さん達と会食、13時からはヘンプワークショップの立ち会いでした。7時くらいから、毎度のごとく、かめ七さん前のソファでMac開いて仕事。まあしかし早起きすると良いことあるわけで、復興民泊に同泊していた方々と色々話す機会がもてまして。10時には、児玉君を皆で出迎えに。

石巻工業高校の生徒さんたちとの会食

IMG_3438

松竹のケイタリングを食べつつ、イトナブで高校生たちと話しました。アプリ開発のことは勿論、デモ見せたり、高校生たちの今後の展望を語ってもらったり。迫田さん、児玉君とも、皆とうちとけてて、良いなあと思いました。

ヘンプワークショップ

IMG_3476

午後はIRORIでmaricoさんと瞳硝子さんによるヘンプのワークショップ。ちょっと人の集まりがスタート不安でしたが、おかげさまで色々な方に来ていただいて、とても良いワークショップになりました。

最後はIRORIでヘンプ編み内輪で延長戦しつつ、皆さんにお別れのご挨拶をして、石巻から仙台へ、仙台で牛タン定食食べて、東京駅へ帰って来ました。帰りの新幹線がまた面白く、最後は、maricoさんと東京駅で缶ビールで延長戦しつつ。

さて今回のツアーについて。僕が石巻、一緒に行きませんかー、って友人に話振ったのは今回が初めてです。で、やっぱり、そこには何らかの導線がないといけないと思っていて、だから1年かかったのだけれども、石巻楽しい、だけじゃ足りないと思っていて。

たまあに耳にする「仙台は復興バブルでウハウハらしい」みたいな話は「六本木ヒルズ住んでる人はITバブルでウハウハらしい」って話に近しい気がしていて、そんなの割とどうでも良い話で、もっと人に触れてもらいたいことがあって、だけれど、当たるも八卦当たらぬも八卦でなかなか石巻行けないということの方が多い。特別な能力を持ってる人だって、それが現地に行って本当に現地で役に立つかわからない。こちらから手応えを推し量る術がない。

こちらから見た被災地って、被災直後よりもむしろ掴みづらいものになっているのかも知れなくて、だからVOICEとか2.0エクスカーションとか大事なんだけど、まだまだこれからの場所にどういう風に色々な人が長く付き合っていけるか、考えないといかんですよね。結局、僕も半年に1回くらいしか行けてないわけだし。

色々、宿題は持って帰って来たので、昨日から石巻タスクで大回転していたのですが、ちょっと落ち着いてきたので、ようやくブログ書けました。今回楽しかったな、しかし。大阪からボランティアに来た青年、避難所になっている小学校でドキュメンタリー映画を撮った監督、地元の企業で働きながら日和アートセンターでの展示もしているアーティスト、東北テック道場で高校生に教えるために足げく石巻に通うエンジニア、グレイトフル・デッドやレゲエを愛するコーヒーショップのおかみさん、そしてISHINOMAKI 2.0の皆さん。色々な人と話をして、地元の空気を吸って、見てなかった風景にも出会えて、楽しかったなと思います。

人が生きるということにきちんと向き合っている人たちと付き合うのは楽しいです。どこであれ。

皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram