2013/1/12

Sleepyhead Jaimieについて

昨晩はいつもお世話になっておりますCRISEで、高校の同級生、すわだいすけのバンド、Sleepyhead Jaimieのライブがありました。高校の時の友達はいつになっても友達だよね!とかって話だと綺麗なんですが、生憎、僕、高校時代ラグビーばっかりしてて、すわとか勿論、折々で話していたけど、おそらく社会人になってから仲良くなった友達の一人です。

だから社会人になってからかなあ。友人の家で、すわが弾き語りやってるの聞いたのが、高校のロックバンド部のコンサートの後は始めてだったかなあ。僕もまだ独立したかしないかくらいのことで、楽しそうに歌っていて、僕、音楽全くやらないので、羨ましいなあと思った記憶があります。で、ああ、一人くらいミュージシャンの知り合いいたら、人生楽しくなるよなあ、とか当時はその程度の軽いノリ。

ある日、近所のローソンで耳慣れた声がする。ああ、諏訪だ、と思ったのを覚えています。ちょうど彼らが「Kiss The Girl」という曲をリリースした頃で、この曲はニュース番組のエンディングテーマとかにもなってたと思うんですけど、いやだから、ローソンで「いやこれ高校の同級生でさ」とか言う相手いないんですがw、割と興奮して帰ってきた記憶があります。

California
California

posted with amazlet at 13.01.11
sleepyhead jaimie
力塾 (2006-07-05)
売り上げランキング: 416,716

その後も何となく気になっていて、会う機会は決して多くはなかったですけど、CDとかちょこちょこ買っていて。まあでも何となく聞いてた、という感じ。

震災がありました。あの当時のことは色々思い出すけど、数ヶ月経って、僕のプロジェクト、ET Luv.Lab.をそろそろ動かしたい、という時に、最初に誰にインタビューするかって言うのは実は悩ましかったんだけど、諏訪にした。ちょうど震災の前から諏訪はTwitterを始めていて、なんか楽しそうにしているなと思ってたんですけど。震災の、あのTwitterも大混乱の渦中で、彼は家へ歩く道すがら曲を書いて、それを仲間と作って、ソーシャルメディアで話題になって。詳細はET Luv.Lab.を読んでみてください。中華街で取材して、あさりそば食べて。楽しかったな。

すわ だいすけ – 「Still Together」 – ET Luv.Lab.

次会ったのは、おそらくCRISE。僕にCRISEを紹介してくれたのは諏訪なんです。諏訪がTwitterで上永谷のバーに行くって書いていて、ああ俺、裏山超えたら上永谷だからさくっと顔出すわ、というわけで、久し振りに、その時、ゆくちゃんも紹介してもらって、北見さんとの付き合いも始まって。あの時に繋げてもらったのは僕には今でも大きいです。

たまあに都内のハンバーガー屋とかでレジの横にSleepyhead Jaimieのビラとか貼ってあって、笑った記憶もあるけど。

そして、2012年、諏訪が面白いこと始めます。日本縦断無期限ハンバーガー屋ライブツアーをする、そのためのキャンピングカーの費用をCampfireで集めました。100万円募集かけて160万円くらい集まったのかな。Ustreamでキャンピングカーお披露目していたのとか楽しそうだったな。それから彼らは北海道を皮切りに、ツアーに入り。そして2013年辿り着いたのが、昨晩の上永谷CRISEでのツアーだったのです。

HAMBURGER DIARIES
HAMBURGER DIARIES

posted with amazlet at 13.01.11
SLEEPYHEAD JAIMIE
ACROSS THE SEA PRODUCTIONS (2012-11-07)
売り上げランキング: 46,921

散々、僕も騒いで来たけど、実は最初に言った友人宅以来、一度もライブとか行ってなかったんですよね。で、行くの念願でもなかったって言うか、こっちはこっちで仕事頑張ってれば、お互い楽しいよなー、くらいのテンションというか。ただ、やっぱり昨日は楽しくて、友達にも来てもらって、ジャークチキンバーガーも食べて、今は久し振りにMemory LaneをiTunesで聴いている。

終わった後、話す機会があったんだけど、まあ、加藤には音楽の感想の話は良いからってことでw、ツアーのことや、それで食べていくことや、これからのことを話しました。まあだから、こいつ怖いくらい純粋だよなあ、と思ったんですけど、その仕事の純度、みたいなのをこの年齢になっても大事に取っておけるってのは、それは自分もそうだけど、幸せなことだなあと思いました。

というわけで、僕ら、そんなに仲が良い、ってわけでもないんですw。ただこの数年間、折々で働くこと、働き続けることに、違う分野でやってるけど、言葉を交わして来て、こうして反芻してみると面白いし、同じ時代を戦っている人だという気がしますよね。なんか高校の同級生と、しかも当時さしてや話していなかった同級生と、そういう感覚になれるというのは、とても良いことなのではないか。

昨晩は0時過ぎ、僕は33歳になりまして、Sleepyhead JaimieとCRISEの皆さんにHappy Birthdayの大合唱とテキーラいただきました。なあんか、とても良い誕生日の迎え方だなあと思いました。そんな話。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram