2013/1/9

思想としての仕事学

大概、世の中のあらゆることって、学問化されて、体系化されていると思うんですけど、ふと思想として仕事学ってあるのかな、という疑問が芽生えまして。いや、勿論、色々な会社に色々な理念があって、それに基づいた倫理があって、社員研修とか社員教育ってやってるんだと思うんですけど。

まあただ、世の中をアカデミズムとビジネスって切り分けた時に、ビジネスに対してアカデミズムって常に客観的アプローチになってしまうんだと思うんですよね。経営学、経済学、金融工学、各論で行くと、ベンチャー経営論、組織コミュニケーション論、キャリア論、人材育成論、ワークスタイル論、もろもろ。

例えば、松下幸之助さんの本とか、そういうこと書いてありそうな気もしますけど、それって客観的に分析されることはあっても、アカデミズムの分野で主体的に咀嚼されることってあるのかなあと。

そう言えば、元々、別に僕、古いものにことの他、興味があったわけではなくてですね、この辺りとか面白いなあと思ったのは、思想としての仕事学みたいなのがあったからな気がするんですよね。今思えば。

名人は危うきに遊ぶ (新潮文庫)
白洲 正子
新潮社
売り上げランキング: 144,367
手仕事の日本 (岩波文庫)
柳 宗悦
岩波書店
売り上げランキング: 143,284

単純に読み物としても面白いんだけれども。

例えば、OB訪問とか曲解すると(ホント曲解だけど)、思想としての仕事学を先達から教えを受けにいくわけじゃないですか。だったら、一般教養にあってもいいですよね、そういうの。OB訪問とか精度低いだろうし。

それで教育の現場になんかないかなあとか考えていたんですが、もしかするとキッザニアとかそうかなあと思いました。

あれって、職業訓練を擬似的に体験することで学習してもらおうっていう意味では、背景として思想としての仕事学に紐づいている気もしなくはなくて、ただ、その後、エンターテインメントとしてパッケージされてるけど。

というわけで、とりわけ何が言いたいって話じゃなくて、だから、ないですよね、って話なんだけど、この国はまだまだ職能訓練自体が薄いし、とは言え、多くの人が仕事というやつに従事するし、そういうものの思想的な主体って、ばっくりと何らかの形で体系化されてても良いのではないかなあ、などと思いました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram