2012/12/2

旗振り役と殿役 – Web制作のキャラバン

久方振りの納品ラッシュで、何だか予期せずひいひい言ってる夜更けですが、大分捌けて来ました。最近ますますWeb制作じゃないところに触手を伸ばすのをワクワクしながらやっていますが、一方でWeb制作はやっぱり面白いです。ある意味では、僕が仕事を覚えた原点ですからね。

ところで、僕、最近、実装って仕事をしていることが多いです。

別に半年前、WordPress屋さんって言ってのが、実装屋さんに切り替わりました、みたいな話でもなくて、相変わらずWordPressはしょっちゅう触っています。相変わらずWordPress屋さん。ちょっと上の図わかりやすいようなわかりにくような微妙な感じなのですが。

僕が単体で受ける仕事はどちらかというと顧客側に比重が行きます。どちらかというと、というより、どうしても、と言った方が正解か。僕の場合、基本自分でやるから、顧客側はプロデューサーとかディレクターとか言うより営業、ってやつに近いんですけどね。ないし、提案営業?営業企画?そこから始まって、デザインは指名いただいた仕事だからやっぱりETっぽくしたいし、コーディングは最近外注が多いですけど、まあ上の図の全プロセスが本当は大事なんですけど、うちの仕事としての色が濃く出るのは、左側。

それがチームの仕事だと全然違うんですよね。僕が左側にいることは極めて少なくて、誰かプロデューサーやディレクターをする人がいて、デザイナーがいて、コーディングもほとんどやることがなくて、WordPressのカスタマイズやjQueryやPHPを使ったプログラミングが僕の主な役割になって来ます。で、最後にImplementatorって耳慣れない言葉が書いてありますけど、僕も耳慣れません。実装ってWebで検索して、erつけただけです。

多分、プロデューサーとかディレクターって旗振り役だと思うんですよ。隊列の。という時に僕がいるポジションはしばしば最終工程でデザイン、コード、システムを「がっちゃんこ」する役割で。一応、そういう時にデザインもコードもシステムもわかってると、最後は一つにしないといけないので、何かと便利なんだと思われます。まあ、最後の最後で火事場に呼ばれたりもするわけですが(あんまりないけどね)。

僕が最初に、本当に仕事を始めた頃に最初に覚えたのは、コーディングってやつで、その後、左側にどんどん行って、でもある時を境に右側に振ってみて、そしたらなんか割と隊列の殿みたいなことがチームでWeb制作に取り組む時にはできるようになってきて。そういうの面白いです。元々、僕リーダー気質とかじゃないですし、全体のバランス見ながら、帳尻合わせながら、最終的には力技発動するみたいなのが性にあってます。

これ面白いなあと思うのが、すごく昔にノマドの話で隊列の話をした時に、君が旗振り役するなら僕が殿役するみたいなこと言った時があって、多分、性格というか、気質というか、頭のおさまり方的にそういう性分なんでしょうね。

というわけで、Web制作も最近ますます楽しんでおります。

実はちょっとこれからもう一勝負今週末しなきゃいけなくて、ただ夜更けになかなかスタートダッシュのテンション上がらないので、とりあえず、最近のWeb制作の楽しみ方をまとめてみました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

関連する記事