2012/10/18

【シリーズ十二因縁】取

取(しゅ、upādāna) – 執着。

執着ってのは確かに苦しいもののような気がします。

割とお気楽なことを言っていて、本心もそんなもんなのですが、たまあに知り合いと仕事したりすると「加藤って思ってたより頑固なんだな」と言われます。家族とかはよくそのことを知ってるのですが、どうでもいいことはどうでもいいんですが、基本、頑固。

おそらく執着が色々なところに沢山あるから頑固って言うことじゃなくて、多分、いくつかあるんですよね、執着駅が。

基本頑固が顔出す時ってかなりスイッチ入ってるというか、別に怒ってないにしても防衛本能働くので、割と言葉をピリピリさせながら発するようになる。そういう時の自分は大嫌いですし、顔出さなくて済むなら顔出して欲しくないんですが、譲れないだけでなくて、執着は通さないといけないので、まあそういうことになるんでしょう。

言葉が荒ぶるというやつ。

まあ執着とかない方が楽だなあ、と思うし、楽な方がいいなあと思うんですけど、多分執着が全くないと自分ってなかなか形作れないものですし、もしかしたら人間性みたいなものって執着のニューロンみたいなもので形作られている気もしなくもないので、だから分布というか選り好みというか。

あと執着ってディテールが濃くなればなるほど強くなる気がしていて、「お金に執着がある」みたいなことって、あまり強い執着にならない気がするんですよね。もっとディテールが詰めてくと、執着と呼べるくらいの執着にある。「お金に執着がある」みたいなばっくりとした話って、結構「お金が大好きです」とあんまり変わらない気もするんですよね。

とは言え、執着の在り処とか噴出してから気付くので、困ったもんです。

以上、取の話。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram