2012/8/29

『グラン・ヴァカンス―廃園の天使』 飛浩隆

グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
飛 浩隆
早川書房
売り上げランキング: 52461

夏休みということで、再読。というほどカジュアルに読める作品じゃないんですよね、これ。生々しくて残酷で殺伐としていてグロテスクで、読んでて、とても気持ちが良いと言える作品ではなくて。でも物語として秀逸だし、小説としての様々な要素を孕んでいるし、「仮想」と「現実」だけじゃなく「自覚」と「無自覚」の構造がAIの世界に持ち込まれている感覚は本当に独特で。日本のSF作家の作品で好きな作品といえば、これと『虐殺器官』なんですが、この作家の官能的な部分ってのは本当に他に類を見ないなあ、と思ったりします。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram