2012/8/17

安定の意味について

最近考えていることシリーズですね。昨晩、後輩がちょっとチャットブレストみたいに付き合ってくれてて話したんですけど。「安定」ってことについてちょっと考えておりまして。

これ別に対立軸を作ろうと思っているわけじゃないんですけど、すごーく一般的な話にすると、会社員は安定、フリーランスは不安定ってことになるじゃないですか。すごーく一般的な一般論としては。それで勿論、そういう時代じゃなくなって来ているとか言う話はあると思うんだけど、そういうことはとりあえず置いておいても何とかならないかなあとか。

結局、僕が会社員ではないどころか、会社員をやったことがないので、未知数と言ってしまえばそれまでなんですが、例えば、会社員は定収があるので安定しているっていうことと、フリーランスは収入が複数あるので安定しているっていうことと、ディールしないかなあとか。

これは完全にやってみての感想ですけど、色々フリーランスはフリーランスで安定の拠り所にできることってある気がするんですよね。もうそれはアドバンテージはディスアドバンテージで、ディスアドバンテージはアドバンテージで、常にアンビバレントというか、反目しあってる気もするんですが。色々なことが考え方によって捉え方によって変えることができる。

多分、僕は割と「会社員は安定、フリーランスは不安定」っていうのが前提条件としてキャリアとかを考える時に出てきてしまうのは、割と不健全な状態かなあと思っていて、「会社員は会社員を安定していると思う、フリーランスはフリーランスを安定していると思う」って状態が健全な状態なんではないかと思うんですよね。別にギャンブルしているわけじゃないんだし、それぞれ理由があっての主体的な選択肢で、それぞれがそれぞれだと思うし。

そう考えていくとやっぱりフリーランスの経験則とかモデルケースとかみたいなものがまだまだ不足していて、仮に成功事例みたいなものがあったとしても、それはある意味で有名人的にというか、「普通にやれる話」が足りてないのかなあという感じがしています。

それは例えば @taromatsumura とこれまでに話してきたこととかにも関わってくるんだけど、信用の担保を取る方法は色々あると思うし、皆が皆、一攫千金目指して独立するわけでもないし、仕事への充足感や精神的な余裕みたいなことも含めて、フリーランスでも色々安定に辿り着く道筋はあると思っていて、そういう道筋は割と目に見える形で世の中に提示される必要も、もしかしたらあるのかも知れないなとか思います。

後は安定って時間軸に拠るところが大きくて、「安定を作る」ことより、「安定を続ける」ことが本当に大事だろうし、難しいだろうなあと思います。まだフリーランス歴も10年に満たないですが、今の働き方が、例えば50歳、60歳までどうやって続けられるのだろうか、ということはすごい大事なトピックだと思うし、そういうことを考えるのに割く時間を、割と増やしている昨今です。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram