2012/6/23

真鶴

昨晩一本仕事切り上がって、さてラグビー!と思ったら、生憎グラウンド使えませんで(とは言え、元々のグラウンドが水没で、その上で別のグラウンドが駄目だって話なので、グラウンド担当の方、大変だったと思いますが)、朝からこれはなんかせんと打ち上がらんけど、今更誰か捕まえようというのも迷惑な話だしなあと思って、いくつか行きたいなあと思うところを物色。小田原とか飯能とか、候補だったのですが、今回は真鶴行ってみるかあ、というわけで、行って来ました。とりあえず、地名がとても良いですよね、真鶴って。

とりあえずとは言え独立行軍なので、飲んでしまわないと若干寂しめ。というわけで、東海道線でサンドウィッチつまみに飲む。

朝飯

朝飯延長戦

そうそうそう言えば友達から東海道線の根府川辺りの車窓から見える風景が綺麗だという話を聞いていて、なんか朧げには覚えていたんだけど、改めて見てみたら確かに気持ち良かった。

電車から海眺めるの贅沢ですねー

で、1時間ほどで真鶴着です。あっという間ですね、いつもの週末の移動距離に比べたら。とりあえず、漁港を目指します。一応目星はつけていたので、葵寿司というお店にうかがいました。真鶴の漁港は小じんまりとしていますが、山を降りているくとそこに湾があるという実に日本的な港町でなんかほっとしました。

寿司食ってたら晴れた!真鶴岬まで30分ほど歩きます。

さて、この辺から岬まで歩くので、一眼撮り出します。寿司屋で基本海沿い歩いていれば着くと言われたので、まずは通りがかった貴船神社というところを参拝。こういう名前ですから、漁村としての真鶴の拠り所のお社だったのでしょう。ところで階段と灯篭と紫陽花の取り合わせはなかなか綺麗。

真鶴 2

階段を登って見下ろすと真鶴の町を見渡せます。

真鶴 3

しばらく海岸沿いの遊歩道を歩きます。釣りしている家族連れとか結構いた。

真鶴 6

で、このまま海沿い歩くかと思いきや、道が途絶えており、ここからは車道だけの山道を歩いて登ることに。なぜか習慣で、真鶴行くのに、鞄にMacと一眼入ってるわけです。が、ここからが良かった。結構登ります。

真鶴 7

山肌の緑越しに海眺めるのとか良いですね。

真鶴 8

あんまり人の手が入ってない感じ。

真鶴 9

しばらく歩くとお社がポツンとありまして。これがとても良い感じに朽ちていて。

真鶴 10

で、その周囲にはこれまた紫陽花。

真鶴 12

今度は車道ではなく、簡単な遊歩道歩きました。ちょっとしたハイキング。

真鶴 14

でケープ真鶴って町営の施設がありまして、三ツ石という景勝地になってます。ケープ真鶴からは見下ろす感じ。

真鶴 17

で、ひたすら階段下ってくと、270度オーシャンビュー。岬ですからねー。

真鶴 19

伊豆半島が間近に見えます。晴れてりゃもっと綺麗なんでしょうが。まあ、天候に文句を言っても仕方がない。

真鶴 20

こういう種類の開放感があるところがあるんですね、神奈川県にというのは結構驚きでした。

真鶴 21

で、降りた階段上がる頃には汗だくでして、まあよく歩いたし、酒も抜けたし、軟弱なので、帰りはバスで真鶴駅まで帰りました。バスからもボーッと海を眺めるの巻。

帰りのバスより

というわけで、観光マップもいらないし、さくっとコンパクトに海も森も紫陽花も食事も楽しめたので、結構良いな真鶴と思いました。本当は車で立ち寄る系の観光地なのかもだけど、ここ目的地で電車で来るのもありだなあと。寿司葵の大将にもまたおいでと言われたので、今度は夕方から夜に行くのもいいかも。

たまにはいいすね一人旅。満喫しました。ってまた来週もうちょっと先まで行くんだけどねw。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円