2006/7/4

海外生活の第一歩

親父の持ちネタで、昨日たまたま英語の話になってお客さんのところで披露してきた話なのですが、海外特にアメリカで海外生活の第一歩を踏み出すための最初のハードルは、デリカテッセンでサンドウィッチを頼むことではないかと。

日本だとあんまりないですが、イメージとしてはチェーンじゃないSUBWAYみたいなデリカテッセンがアメリカの市街地にはちょくちょくある感じです。そこでサンドウィッチを頼むのがなかなか難儀。特に決まったメニューがあるわけじゃなくて、パンの種類、具材の種類(肉は何で、野菜は何で、チーズは何とか)、調味料の種類(マヨネーズをどれだけ、ケチャップをどれだけ、マスタードをどれだけとか)、パンの焼き方などなどフランクにオーダーできなければならないのです。

ちなみに僕は行って3ヶ月はわけがわからず、BLT(Bacon Lettuce Tomato)サンドばかり食べてました。最後のほうはカイザーロール軽く焼いてもらって、パストラミと玉ねぎとレタスとブラックオリーブ、ケチャップの代わりにA1ソース(アメリカのステーキソース)とマスタード入れてもらうのが定番でした。とは言え、ここ10年くらい英語全く使ってないことを鑑みると、おそらくBLTサンドからやり直さなければいけない予感。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram