2012/5/2

レシピ本をいくつか買った

皆さん、薄々お気づきのことと思いますが、毎日似たよう物作ってます。ずっとレシピ本とか買い出すと切りがないなーと思って、手を出さないことにしていたのですが、ちょっと知見を溜めないと、次のステージに進めない感じがしたので、いくつか買ってみました。

基本、肉も魚もとびきり美味いのは外で食べればいいよね、というわけで、家では引き続き野菜に重点を置きたく(普段食べるのはそういうものの方が体が楽ですし)、その類のレシピ本で後輩マネージャーがFacebookで薦めていたものを購入。

日本の野菜レシピ (からだにおいしい野菜の便利帳)
高橋書店
売り上げランキング: 123718

食材ごとにレシピがあるのと、ちゃんと旬の時期とかも表示されてて(頭の中にざっくりとしかないよね)、日常的に作れそうな感じでよし。

からだにおいしい野菜の便利帳 世界の野菜レシピ
高橋書店編集部
高橋書店
売り上げランキング: 38870

世界の野菜であることもさることながら、世界の郷土料理集みたいなのを食材ごとに見れるので興味深い。ギリシア風マッシュルームサラダとか美味そう。

マクロビオティックひとりレシピ
御園 あき
講談社
売り上げランキング: 121221

割といすみのRice Terrace Cafeとか阿蘇のオルモコッピアとか行ってみて、僕は野菜プレートランチみたいなのは大変好きだということが分かり、マクロビする気はさらさらないのですが、なんかこれはインスパイアされるのではないかと思い購入。ひとりレシピっていうのが良いですね。

まあ多分、レシピ通り作りはしないだろうなあ、と思うわけですが、なんかまた違ったもの作れるといいなと思っております。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram