2006/6/25

名古屋、岐阜、犬山

週末を使って名古屋に一泊二日の旅行に行って来ました。共和に同期、豊田に後輩がいたので、遊び連れ回してもらってきました。天候はあんまりでしたが、美味い名物あり、綺麗な造形あり、豊かな会話あり、美しい懐かしさあり、なかなか凝縮された名古屋行でした。

新横浜を出てこだま(各駅停車)で名古屋へ。1時間ほどPCを開き、30分ほど雑誌を読み、1時間ほど小説を読んだら着いちゃいました、名古屋。近い近い。駅でたぬきそば、車中でシウマイ弁当を食しました。

名古屋を出て念願の名古屋巻嬢を探すも、そんなにうろちょろぞろぞろしているわけではないようで、東海道線に乗り換えて、共和という同期の地元の駅へ。満面の笑みで見慣れた巨体がおでむかえ。99kgですって。

同期の車に乗り込み一路豊田へ。言わずと知れたトヨタ自動車の城下町で、ここでトヨタに勤める後輩と再会。とりあえず昼飯時だったので、よく行くと言うパスタ屋へ。昔話に華が咲きます。名古屋では「お値打ち」って言うのが一つの文化のようでして、色々なお店でお値打ち感を出す工夫が見られます。カップルセットというのがあって、3人だったので、カップルセット1つとランチセット1つを頼みました。フリードリンクのファミレススタイルでしたが、パスタは美味かったです。

その後、全く旅行計画をして来なかった僕は、二人を困らせ、とりあえず新しいからという理由でセントレアに向かいました。中部国際空港ですね。

nagoya_01.jpg

セントレアのテラスにあったソーラーパネルです。面白かったのでシンメトリーに撮ってみました。愛知だけに至るところにLEXUSの宣伝が。

nagoya_02.jpg

同期です。でっかいです。でも、こんなちっちゃいデジカメを構えると、何故か可愛く見えちゃうから不思議です。

nagoya_03.jpg

今回の旅行の引率者お二方。右が同期、左が後輩です。

nagoya_04.jpg

僕と同期。家も近かったし、FWだったし、パソコン好きだったりしたので、本当によくからみました。久し振りだったので仕事のこと、プライベートのこと、趣味のこと、色々話しました。

nagoya_05.jpg

僕と後輩。後輩、なんですが、実はラグビーを始めたのが、僕は高2、後輩は中3、というわけで同じタイミングだったのです。そんなわけで良きライバルであり、チームメイトであり、頼れる可愛い後輩なのであります。

nagoya_06.jpg

セントレアから名古屋城へ。しかし閉館時間を過ぎておりなかには入れませんでした。悔しいので門の前で記念撮影、一応加藤のKのマークのつもりのポーズ。

栄という名古屋の新宿兼渋谷兼銀座のようなところをぶらぶら。セレクトショップは一通りありましたよ。全然名古屋にいる感じはしませんでした。しかし、念願の名古屋巻嬢多数発見!面白いですね。皆夜の仕事している人に見えてしまいます。同期、後輩によると、名古屋の女性は保守的だそうです。

とりあえず、金山のホテルにチェックインしてから荷物を置いて、熱田にある蓬莱軒へ。これまた念願のひつまぶしです。酒のつまみにうざくときもわさも頼みました。ひつまぶしは4つに切り分けて、始めはそのまま、次に薬味をかけて、その次はお茶漬けにして、最後にそれまでの3通りの食べ方で一番美味しかった食べ方で締めくくるというのが、初心者のマナーだそうです。僕は薬味乗せたのが好きだったので、そいつを2回いただきました。

その後、車の2人はお帰りだったので、1人ホテルのバーで。最初は寡黙に飲んでいたのですが、それも寂しいのでバーテンダーさんに横浜から来たんですよと切り出し、そしたらそのバーテンダーさんが横浜のホテルのバーに勤めていたそうで、横浜のバー談義に華を咲かせました。Cable CarとかBar Marceauとかご存知でした。その後、隣の学会に来ていた看護婦さんも会話に参加し、その方、福島の方だったので、福島の話と、最近はまっている『医龍』は本職的にどうなのか?という話などをしまして。

朝はホテルのビュッフェを食べる気はせず、サンマルク・カフェで軽く済ませ、タクシーで白川公園の名古屋市美術館へ。ニキ・ド・サンファル展がやっていました。

名古屋市美術館特別展 ニキ・ド・サンファル展

スゴクパワフルな作品ばかりでエナジーをもらいました。原色を合わせた色使いとか、やっぱり欧米人には適わないなあと思いながら楽しみました。

美術館を出たら待ち合わせまで時間があったので、とりあえず人通りの多い方に歩いていたら、昨日の栄に辿り着き、とりあえず名古屋にしかないという丸栄というデパートを見学し、カンタベリーショップに行って、アイルランド代表のレプリカジャージを買いそうになりましたが、あと少しでセール期間だろうというわけで、そこは我慢。

同期と待ち合わせてとりあえず昼飯を食べに山頭火へ。腹ごなしをしたら一路岐阜と犬山を目指しました。何と言っても、「尾張名古屋は城で持つ」って言うじゃないですか。

車で走っていて気付いたのは濃尾平野というだけあってほとんど坂道がない!これは暮らしやすいよなあと思いました。横浜は坂道だらけですからね。

nagoya_07.jpg

岐阜城です。金華山という山の上にあり、ロープウェイで上ります。尤も岐阜城自体は近年再現されたものらしいですが。眺望はさすが、でしたが曇っていたのが残念でした。

その後、岐阜を出てまだ時間があったので、犬山へ。

nagoya_08.jpg

犬山城からの眺め その1。

nagoya_09.jpg

犬山城からの眺め その2。

nagoya_10.jpg

犬山城からの眺め その3。

nagoya_11.jpg

これが犬山城です。実は子供の頃に来たことがあって、当時は明治村とかにも行きました。長良川にせり出す小高い丘にそそり立つ、とても綺麗なお城です。

名古屋に戻り電車の時間までコメダ珈琲にて団欒。仕事の話で盛り上がって、ブログやSNSの話をしていました。同期いわくみんからというCarviewがやっているブログサービスがとても良いらしいです。ユーザ同士の意見交換が活発で質の高いコミュニケーションが行われているみたい。ブログの集合体がSNS化してるみたいですね。

同期と別れ、弁当屋で味噌カツ弁当を買い、立ち食い蕎麦屋でかき揚げきしめん。ホームでビールを一杯飲みほろ酔い気分でこだまへ。まずは味噌カツ弁当を平らげ、PC開いて友人たちにチャットで旅行のご報告、その後、行きから読んでた石田衣良氏の『うつくしい子ども』を読んでいたら、あっという間に新横浜に到着していました。

今回の旅行は観光というよりも、今大変勢いのある名古屋という地域の風俗や文化を肌で感じ、懐かしい友達と久し振りの再会に酔いしれることがメインでした。とても楽しかった!そして、よく食べよく飲んだ!わがままな僕の名古屋行にお付き合いくださったお二方、本当にありがとうございました。東京戻ってきた時は、是非連絡ください!

Technorati Tags:

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram